フォト

花が流れる水中時計

アクセスカウンター
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月26日 (日)

東京市民の強い味方 東京女子医専・東京慈恵会医科大学・・帝国女子医専

伝統ある東京帝国大学医学部など帝都には病院が
多いのは東京市民には心強いコト( ̄ー+ ̄)

そこであまりお世話になりたくない病院めぐり( ̄▽ ̄)

まず始めは「東京女子医専」です。

昭和5年に作られた中規模ながら上から見ると
十字の形をしている独創的な建築でおもしろいです。

流行りのスクラッチタイルを使用したお洒落さもあり
なかなか立派。東京新宿から病気を守ります。

Img_0617a


東京慈恵会医科大学
昭和8年につくられた堂々たるけんちくです。でも
明かり窓を付けるなどインターナショナルスタイルな感じの病院
ここでも流行りのスクラッチタイルを使用してる点が面白いですね

帝都の新橋にあり東京市の中心を守ります。

Img_0642


さて、最後は東京市の一番南に近い大森区にそびえる
近代病院である帝国女子医専。堂々の建築です。
昭和4年に作られた建物です。
3階建ての小さな建物ですが城南地域では最大の
大きさと申せましょう。

Img_0531_2a


どれも昭和初期の流行りのスクラッチタイルを使用して
いる点がお洒落ですね。あまりお世話になりたくないですけど
東京市民の強い味方です( ̄ー+ ̄)

2014年10月19日 (日)

素敵な髙等女學校 學生さん 其ノⅡ

素敵な髙等女學校のお嬢様たちです(* ̄ー ̄*)
やっぱりセーラー服姿がお洒落ですねぇ
Img_0646
さて、上の御嬢さんの髪型はがガバレットと言う
髪型です。三つ編みの変形型で後ろに垂らすの
では無く頭の上で交差させる髪型で大正時代も
後半の流行りの髪形でした。

そうそう、セーラー服が流行したのは大正末期か
昭和初期でした。実はセーラー服以外にもたくさん
の種類の制服がありました。ブレザータイプとか

でも、断トツの人気がセーラー服でした(* ̄ー ̄*)
これが昭和の終わりまでの定番になります。
当時のお嬢様の証がセーラー服だったみたいです。

Img_0574a

昭和に入ると髪型の流行は断髪の短い髪が人気
元気で快活に動ける、ショートが時代にマッチした
のかもしれませんねぇ。

下のお嬢さまが来ている夏服も、当時の有名校の
制服を忠実に再現しています。

やはり、ポイントはベルトですね。バックルは部分は
各学校の校章が綺麗に細工されています。
ベルトの部分も超お嬢様校になると細かな飾りが付
き、憧れの眼差しで見られていました。

特に地方の高等女学校はエリートで超お嬢様学校
制服を着ているだけで身分が解るので、当時の女子
は制服の着こなしは、微塵の隙もありませんでした。

Img_0570

そうそう、当時は鞄も高価なものでしたので地方
などでは風呂敷を使っていた方もいらしゃいました。

次回は高等女学校から始まった不思議な学校用語
なんかを紹介できたら良いなぁと思っています。

今回のイラストは桐岡さまにお願いしました。
作成ありがとうございました。

2014年10月11日 (土)

東京オリンピック50年周年  聖火台からの風景

            国立競技場の聖火台

朝起きると快晴で澄み切った瑠璃色の空が広がっていました。
こんな日は「東京三十五区物語」の取材日和で朝の8時には家
を出て思いつくままに行き先をきめる。

わたしのお目当ては原宿駅と神宮外苑の絵画館。とても絵にな
る事は間違いなし。まずは、神宮外苑から写真機をぶら下げて
国立競技場の前を歩いている。

そこに、「土足厳禁」と学校の玄関口にありそうな、安い看板が目
にとまった。「参加者はこちらに」なんの意味か解らない。わたしの
ような半端モノには面白い。ひやかして見るに限る。

吸い寄せられるように看板に近づいた。すると奥から「こちらです」
と女性2名が声をかける。まったく意味が全く分からない。

と言うのも、事務用の長机1脚にパイプ椅子が国立競技場の玄関
にあるだけで、それ以外の説明文も看板もないのだから。

吸い寄せられるように、女性のところに行くと「参加費は1000円に
なります」と言う。さすがに頭の中が真っ白になる。こういう時は人間
は面白いモノで素直に1,000円を渡してしまった。

すると、9:30から案内を始めますとパンフレットと首から下げるIDカード
を貰い。意味が分かった国立競技場のオフィシャルツアーの受付だった
のかぁ。と納得したが、さすがにお粗末な受付に閉口した。

わたしは東京オリンピックの世代では無いし思い出も無い。しかし近代史
は私のライフワークだから聖火台をまじかで見てみたいと思った。昭和史
の大切な1ページにいは間違いないのだから千円以上の価値はある。

当然な話で聖火台まで歩いてバックスタンドを歩いて行く。段差の高さが小さい
歩きづらい。すり鉢型をした競技場の頂点を目指して歩みを進めると聖火台
が近づいて来る。

Img_0575a
やおら振り返ると、鮮やかな瑠璃色の空が近くに感じ競技場のトラックが
はるか下界に感じられる。高さは32mと言うけれど50mはあるような高さ。
そして遠くに明治神宮、その先に新宿の高層ビル群がまじかに感じられる。

ここは単に高いところでは無い。
遥か新宿のビル群方向から容赦なく風が吹いてくる。しかも、380度見渡し
ても周りを遮るものはなく至近には聖火台より高いモノは一切ない。

空に手が届きそうな高い瑠璃色の空と私と聖火台。 
わたしの目の位置には瑠璃色の空と無空間がある。
見上げれば藍色の空が広がり先が見えない。
とても神秘的で神聖なものを感じる。

いまから50年前の10月10日午後2時には7万4千人の群衆で埋まった
競技場。もし、この位置から見下ろせたならば、雑然とした競技場の中で
唯一静かな場所だったかもしれないと思う。

平成26年10月10日 聖火台は静かに吊り上げられた。
96958a9e93819695e3e29ae2e68de3e2e3e
一時的に宮城県に貸し出しされると新聞に書いてある。美術的にも
美しい聖火台。でも、まじかで見ても、その神秘性は理解できないと
思う。聖火台は天空と一体となって聖なる火を灯していたのだから。

ああっ、地上より遥か遠く空に近い場所で見る感動は言いようもない。
願わくは2020年のオリンピックでも天空に近い場所に捧げてもらい
たいと思う。
Img_0601a
朝比奈ひなた。
平成26年10月10日








2014年10月 5日 (日)

世界中の秋晴れを集めた日 昭和39年10月10日午後2時

20131011_338637

「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような
素晴らしい秋日和でございます。」

第十八回オリンピック東京大会のNHK総合放送冒頭
アナウンサーの北出清五郎さんが第一声を発します。
「なにか素晴らしい事が起こりそうな国立競技場であります」と続けます。

翌日までの大雨が嘘のように東京の空のスモッグを洗い流し晴天。
雲一つない秋空。国立競技場は約7万5千の観衆で埋め尽くされました

実際には国立競技場には関係者を含めて正式に
総人数74,534名も収容していました( ̄ー ̄)ニヤリ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
NHK総合放送 TV中継より

実況NHKアナウンサー北出清五郎さん
実況の一部を文章にしてみましょう( ̄▽ ̄)

昭和39年(1964)10月10日(土曜日) 13:43よりNHK総合放送で放送開始
NHK単独の視聴率62.1パーセント
 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ただいま総起立にて天皇陛下・皇后陛下を迎えいたします。

安川オリンピック東京大会組織員会会長の御先導。そして両陛下の後ろには
国際オリンピック委員会のブランディージ会長が従っております。

陛下がロイヤルボックスにおたちになります(国歌君が代が演奏されます)

整然とメインポールに日章旗・五輪旗・東京旗が翻りました。

Img_0556a

午後2時
よいよこれから入場団行進開始でございます。

心も浮き立つような古関勇爾作曲のオリンピックマーチが鳴り響きます。

そしてオリンピック発祥の地。ライトブルーと白の国旗もすがすがしく常に
オリンピック入場行進の先頭に立つ栄光の国オリンピックの故郷ギリシャ
の入場です。

防衛大学の学生が持ちますプラカード。
そのうしろに従いますギリシャ選手団。いまロイヤルボックスの天皇陛下に
頭右の敬礼を致しましたギリシャ選手団

Img_0548a

ロイヤルボックスの天皇陛下は起立したまま選手団すべてを見守ります。
(天皇陛下は93か国すべて直立不動で敬意を示します)

374人の選手を送り出しました。最大のデレゲション統一ドイツであります。
行進曲はスーザ作曲は、4「海を越える握手」に行進曲は変わりましたが。
ベルリンの壁を隔てた東西ドイツがイングリット・ヘンゲル夫人が持ちます
統一ドイツの旗を翻して一つの旗のもとに参加いたしました東西ドイツの
統一選手団であります。

そして、よいよ開催国。しんがり94番目。
日本選手団の入場であります。

男子は真っ赤なブレザー。
女子も真っ赤なブレザー女子は白のプリーツスカート
男子は白ズボンであります。女子は白い帽子をかぶっております。

ロイヤルボックスから盛んな拍手が送られます。
ちょうどその前をさしかかります
日本選手団の定評がございます堂々の行進です。

赤と白のコントラストは開催国。
日本の意志と力を振りまくようであります。

そして帽子を胸に当て天皇陛下に敬礼をします。日本選団。
スタンドからは惜しみない拍手が送られています。

開催国としてのフェアプレーとスポーツマンシップを
発揮し正々堂々と戦ってもらいたいと思います。

こうして参加94カ国 選手数は5541人といわれます。
参加国ではオリンピック史上始まって以来最大です。
参加選手数におきましてはヘルシンキ大会よりはわずか下回りますが
オリンピック史を飾ります。第18回東京大会。
Img_0578aa

実に見事な色彩であります。色彩の大交響楽であります。
うべこうらいの絨毯のような緑の芝生の上に並びました各国選手団。

大きな国もあれば。小さな国もあります。
人種も違います宗教も違います政治も違います。

しかしながら、ここでは、そういった差別は一切ないのであります。
すべてを超越いたしまして世界の若人が一つに結ばれます
オリンピックであります。

1896年ギリシャで第一回オリンピック大会が開かれてから70年。
第18回東京大会まで全世界の青年の胸に平和と希望と前進の
火を灯してまいりました。

そしてオリンピックは世界もの初めてアジアの地。
東洋の日本。日本の首都東京におきまして
第18回オリンピック東京大会が開かれたのであります。

「オリンピックは単なる世界大会では無く4年ごとに開かれる世界の
青年の祭典であり人生の春の祭りである。純真な若人の功名心と
情熱の殿堂。各世紀を通じての新鮮な花園である」

 
ピエールド・クーベルタン。

選手団の整列が終わりました。華やかな入場行進が終わりました。
Img_0554a_2_2
ブランデージIOC会長
「天皇陛下に大会宣言をお願いい申し上げます」

天皇陛下
「第18回近代オリンピアードを祝い
ここにオリンピック東京大会の開会を宣言します。」 

東京オリンピックファンファーレが鳴り響きます。

Img_0568a

聖火が入場してきまいりました。
栄光の最終走者は昭和20年8月6日に生まれ。
無限の未来と可能性を持った19歳の若者。坂井義則君です。
オリンピックの理想を高々に歌い上げて
聖火は秋空へ秋空へ登っていきます。

ついに坂井君は聖火台に立ちます。
日本の秋の大空を背景にすっくと立った坂井君。

燃えよオリンピックの聖なる火。
フェアプレーの精神で競え世界の若人・・・。

Img_0567a


全選手を代表しまして
ヘルシンキ・ローマ・東京とオリンピック連続4回出場。
金メダル獲得4個。
日本が最も誇る優れたアマチュアスポーツマン体操の
小野喬選手の宣誓です。

これより宣誓であります。

「宣誓 わたくしは全ての競技者の名においてオリンピック競技大会の
規約を尊重し、スポーツの栄光とチームの名誉の為。真のスポーツマン
精神をもって大会に参加することを誓います。 選手代表小野喬」

小野喬選手の栄光の宣誓。各国旗手は半円形にならびまして宣誓台
を取り巻きます。そして8000羽の鳩が放たれました。

国立競技場メインスタジアムを乱舞しております。
平和の使い鳩。
ここにオリンピック東京大会の開会式は最高潮場面を迎えました。

国歌君が代斉唱の間に大空には色鮮やかに五輪のマークが
ジェット機によってえがかれました。

浜松の航空自衛隊基。第一航空団人呼んでアクロバットティームと
申します。選抜きのパイロット達により。鮮やかに五輪のマークが秋
の大空に描かれました。

Img_0550a

32m聖火台の上。炎々として聖火は燃え盛っております。

天皇陛下のご退席でございます。天皇皇后両陛下。
拍手に応えられて退場でございます。
観衆等しく起立いたしまして天皇皇后両陛下をお見送り申し上げました。

そして、再びオリンピックマーチが高らかに演奏されます。
選手団の退場行進が開始であります。
選手団は2チームづつ。北ゲート・南ゲートから退場していきます。

華やかに厳守に行われました、第十八回オリンピック東京大会の開会式。
選手団の表情にも、のびのびとしたモノを感じられます。手を振りながらの
退場行進であります。

素晴らしい秋空の下に、私たちはこの目でオリンピック東京大会の開会式を
見てまいりまいた。誠に大成功でございました。

世界の若人を、この日本の首都東京の国立競技場に集めまして
これがオリンピックのそのモノの開会式オープングセレモニーいま
大成功の裡に終わろうとしているのであります。

そして再び、クーベルタンのオリンピック精神を謳いあげた言葉が
電光掲示板に輝きます。

「オリンピックで重要なことは勝つことではなく参加することである」

「人生で最も重要なことは勝利者であるかどうかでは無く
その人が努力したかどうかである」

「人生で最も大切なことは勝と言う事ではなく正々堂々と戦う事である」


このクーベルタンの言葉にあります通り
明日から始まります競技。東京大会は史上最大の20種目によって
争われるのでありますが、各選手がフェアープレーに徹しまして正々堂々と
戦いを戦うことを心から願うものであります。
Img_0553aa
ただいま、NHKニューヨーク総局から国立競技場記者席へ入った
国際電話によりますとシンコム3号によります開会式の宇宙中継は
アメリカ全土に同時中継され画像・音声ともに普通のテレビと変わら
ないほど鮮明だそうです。

午前2時過ぎのニューヨークでは歴史的な宇宙中継放送を見ている人が
多く、アメリカ選手団が入場した時間などは今まで以上にアジアを身近に
感じ、今更ながら宇宙科学の感銘を受けているそうです。

テレビによりまして世界を結びます宇宙オリンピック
この壮大なテーマを持ちます第18回オリンピック東京大会の開会式が
大成功ならば、科学の進歩は日米同時中継の画期的な壮挙なしとげ
たのであります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━
NHKアナウンサー北出清五郎さんの実況は7・5調で聞きやすく丁寧で美しい
言葉が綴られていて声を口述筆記していても、文字の重さがある格調の高い
日本語で気持ちが良いです。
余計な形容詞が無く。ありのままを丁寧に実況出来るアナウンサーは今は・・・
難しいですね教育と言うのは(ρ_;)

Img_0580a

さて、開会式当日は国立競技場周辺(神宮外苑および公園)多くの人で囲みます。

開会式会場の国立競技場に隣接する神宮外苑も開会式当日は一般に開放され、こちらには約4万人もの人々がつめかけた。神宮外苑会場についてもチケット制で、チケットの無い者は神宮外苑内にも入れませんでした。

Img_0606a

すべての選手が目指した東京オリンピックのメダル!

Img_0600a

東京大会で使用された表彰台。


Img_0602_2a

メインスタジアム 国立競技場

Img_0603_2

サブ会場 駒沢オリンピック会場

Img_0604_2a

 
サブ・会場 代々木競技場
それに代々木公園は選手村として機能していました。

Img_0545a

国立競技場の中央口には東京大会の優勝者の銘板が掲げられていました。
中央の金色のマークは東京オリンピックの公式マークです。

Img_0564a

さて、国立競技場は2020年のオリンピックの為に10月から
取り壊しが開始されます。次の競技場ではどのような体験を

さて2020年にはどのような体験が出来るのでしょうか。
もちろん私は夏のオリンピックは初めての体験です

また、今までの国立競技場が無くなるのは寂しい歴史の一部
が無くなるようで寂しいです。聖火台は2020年の大会もにも
使ってほしいです。歴史は引き継がれていくべきだと思います。


※わたしが書いている。もう一つのブログ「鐡道趣味」では
 東海道新幹線50周年の記事を掲載しています。よろしければ
 合わせてご覧ください。

下記からアクセスができます。
http://harumi-sta.cocolog-nifty.com/khk/2014/10/5039101-26e8.html

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »