フォト

花が流れる水中時計

アクセスカウンター
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

子どもに厳しい国 こどもの城が無くなる・・・

Photo

東京青山と言うと高級な場所と言うイメージがありますけど
唯一。私達に身近な存在だった「こどもの城」が閉館してしまいました。

こどもの城わぁ。そうですねぇ「大きな児童館」と言えば良いでしょうね。
とても素晴らしい施設でした。出来たのが昭和60年(1985)ですけど!
建物の老朽化で廃止だそうです。
でも、こんなに早く建物が老朽化するの・・・( ̄▽ ̄)
だったらリニューアルオープンすればとの意見もありましたが廃止に・・。

ちなみに併設施設の「青山劇場」「円形劇場」も廃止に゚゚(´O`)°゚

わたしには子どもがいません。
できるなら税金は子どもの為に使ってほしい

東京からこの施設が無くなるのは文化の都としては大きな損失です

平成27年1月31日
主筆 朝比奈 ひなた

2015年1月12日 (月)

男爵 三井家さまの屋敷

こちらのお屋敷は男爵三井家さまの貴賓室用のお屋敷
さすがに迫力ある石造りの名建築です。

しかも、あの有名なJ・コンドルさん設計のもの
昭和ロマンとはかけ離れた大正2年に作られました。

Img_0551a

関東大震災にも耐えきった重厚さが素晴らしいです。
しかし、なぜ裏側しか写真を撮らないかと言うとですね。

やはり邸宅・・・関係者以外は立ち入り禁止
当たり前ですけど警備員たくさんいらっしゃいます

この写真撮っている時も不審者扱いです・・・
このままだと、職務質問が・・・
Img_0553a

なので、2分位で早く逃げました。
あははは・・・無理ここは・・・。写真撮る場所ではない

本来でしたら正面は物凄く美しい藝術品のような可憐さ
なのですが、個人では無理です・・・∑(=゚ω゚=;)
警察の職務質問がまっているだけです

Img_0558a

どなたか男爵三井さまのお友達がいたら紹介してください。
絶対に中に入れるのは上流階級の方々だけだからなぁ。

いますかぁ? お願いします!!

2015年1月 2日 (金)

栄えある宮内省庁舎

Dscn1511
   平成二七年 新年おめでとうございます。

今年も少しづつですが帝都東京の面影を描いていきます。
さて、新春は宮城二重橋からスタートしますが、恐れ多い
ので通用門の坂下御門へまわりましょう
Photo
坂下御門は宮内省(旧仮宮殿)への通用門です。
勿論、恐れ多くも宮城内へは位階勲等が無ければ
立ち入る事はできません。当然ですが。

P4070678aaa
しかしながら、罰当たりですが近くまで行く機会がありました。

宮内省庁舎(旧仮宮殿)
昭和一〇年に新築された三階建ての名建築です。
昭和二十七年~昭和三十九年まで三階が宮城仮宮殿として
使用された由緒ある建築です。

車寄せが重厚な建築で、質素でありながら美しさも備わります。
P4070683aaa
もちろん、普段はここまで来ることは不可能です。
坂下御門から、遠く伺い見るのだけでありがたい限りです。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »