フォト

花が流れる水中時計

アクセスカウンター
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月27日 (土)

作家の百田尚樹さんの妄想。

107


      
              作家の百田尚樹さんの妄想に抗議することにする。

  6月25日に開催された自民党議員よる文化芸術懇話会の席で、作家の百田尚樹さんをゲストスピーカーに迎えて自由な歓談がされたことは6/26の新聞各紙の報道にある通り。

   わたくしたちの日本は憲法21条で思想・信条の自由が保障されている。誰もが自由に発言ができる。したがって百田尚樹さんがギャグで言った言葉だろうが、真意だろうが自由に発言されるコトは当然で大いにやればいい。真に結構な事である。


しかし、発言された内容が事実を曲げているとき、または憲法で保障されている自由を奪うような発言があれば、自由・民主主義・立憲主義を謳歌する国民として抗議しなくてはならない。ギャグで済ますことは出来ない。またギャグにして良い事では無い。


   まず、琉球新報と沖縄タイムスに対する発言は冗談・ギャグと言っているが「沖縄の2紙がなくなったらいい」しかし「政治的圧力で潰せという趣旨では無い」と百田さんは言う。両紙を批判したいのなら最後の口上を用意する必要な無い。この発言を文章に起しただけでも矛盾に満ちている。これがギャグとするならば笑いの才能が無いとしか言えない。それに、これで笑うなら人が居るのならギャグセンスが残念ながら無いと言える。


  両紙を真っ向から批判するならば、百田さんは理路整然と発言するべきである。また琉球新報と沖縄タイムスの2紙で沖縄県内の新聞発行数では98%以上のシェアを持つ県民に愛読されている地元の新聞である。もし、沖縄の2紙がなくなれば良いと思うならば県民に百田さんはどの新聞を読ませる気なのか。推奨の新聞を是非教えて頂きたい。


   さらに百田さんは普天間について「基地が出来てから周りに人が住み始めた」と述べているがコレは事実と異なる。戦前から集落・役場・駅があったが沖縄戦も収まらない最中に建設を始めている。したがって沖縄戦が終了したあと住民は帰る場を失い。基地の周辺に住むようになったのが事実で、この点も脚色している。

   軍用地料の話しはお話にならない程に脚色している。百田さんが発言されている言葉の根拠はどこにあるのか、そのまえに沖縄史について客観的に勉強をなされているか疑問でしかない。

   百田さんは発言に対して弁明をしている。当然の権利で詳しく話して頂きたい。また、ご自身が正しいと思うならば、もう少し勉強してから論陣を張るもよいと思う。さて、そこで気になるのが当日会場で百田さんを喝采していた多くの国会議員である。いまだに百田さんを援護・応援するコメントもなければ反省の発言もしない。実は国民に最も批判されるべきは参加した国会議員である。

   真の立憲議員ならば、自ら勉強に励みたとえ意見が異にしても正々堂々と緻密に論陣を張るべきである。また、自らと異なる意見を封じ込む事を是とするならば、それは覇権主義的な中国・人権を抑圧する北朝鮮など独裁国家を批判する立場には無いことを知るべきだろう。

 

主筆 朝比奈ひなた

226_2







« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »