フォト

カテゴリー

« 小旅行・・・東京23区を離れて、まずは鹿島臨海鉄道へ 其のⅠ | トップページ | 花かほる梅の花 東京大田区 多摩川線 »

2014年3月 1日 (土曜日)

小旅行・・・そして、ひたちなか海浜鉄道・水郡線へ・・・其のⅡ

さて、先輩との旅行も午後の部に突入です。
危険が増してくるのは本能からでしょうか。たぶん経験からでしょう。

さて、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅からスタート

Img_0544a_3

駅の中はローカル線の駅で素敵ですね。
やっぱり、こんな駅は落ちすきますね( ̄▽ ̄)
でも、時間が余っているので先輩に連れられて
近くの鉄道資料館へ・・・・

Img_0561a

とぼとぼ、歩いていると鹿島臨海鉄道の中吊の広告で
見たキャラクターがバスにラッピングされている( ̄▽ ̄)
・・・いばらき・・・凄い

でも、ガールズ・パンツァー・・・(*^.^*)
なぜ戦車なのかは。、ひなたには解らない
Img_0550a

さて、すぐに歩いて着きました!!
う・・・。なんか気持ち悪い・・・どうしたのかなぁコレ。

初めからこの形なの・・・_| ̄|○
なんともいえない姿かたち。おそるべし_ノフ○ グッタリ

Img_0557a

ステンレスの気動車も置いてありましたけど・・・車輪が無い・・・。
物凄い鉄道資料館だなぁ。
でも、保存しているだけ良い事です。壊すより100倍良い事

Img_0558a

さて、先輩から「時間近いから駅に帰ろ」と言われたので
歩いて駅にもどりました。

するとすぐに勝田駅行が到着。いい色の気動車ですね。
カッコいいなぁ

Img_0548a

久しぶりにこんな気動車みました。凄いなぁ。
まだ、走れるんだぁ。整備してる人凄いなぁ( ̄▽ ̄)

Img_0547a

そしたら、先輩が終点まで行く?と言うので「うん」と言ったので
逆方向の阿字ヶ浦駅へ急遽変更!!

クリーム色に赤い線が入った車両に乗ることになりました。
このカラーリングも良い感じですね

Img_0565a

はぃ。4駅目の終着駅の阿字ヶ浦駅です。

駅名看板が素敵ですねぇ。
こんなにデザインしている駅名看板ないなぁ。
洒落たセンスに驚きです

Img_0568a

さて、来た電車で逆戻りです( ̄ー ̄)ニヤリ
人もいなので車内の写真を撮りました。

なんか博物館にいるみたい。

Img_0571a

さて、出発!!
田園地帯を爆走とはいきませんが、のんびり走ります。
沿線で写真機を持った方が多くいました。天気がいいから
良い写真が撮れるとよいですね。

Img_0573a

さて、終点勝田駅に到着しました。
ここから先は先輩が考え出す未知のゾーンil||li _| ̄|○ il||li

まずは水戸駅へ。
さて、選択肢。A水戸線・B水郡線・C常磐線・・・・。もう夕方です。
先輩の思考した結果。

水郡線で行けるところまで行く、それで折り返すに決定!!

Img_0577a

新型の気動車は電車みたいに凄いですね。
ものすごく速い!!
山道を爆走します!!

さて、折り返し地点に選んだのは玉川村駅
Img_0584a

関東の駅 百選に選ばれた素敵な駅ですが周りには何もない・・・。
やっぱりねぇ。水郡線ですからねぇ。思ったと通りです。

しかも、日が暮れていく・・・そして猛烈に寒くなる・・・。
Img_0592a

さて、水戸を目指して気動車に乗り込んだら。
突如・・・先輩が交通公社の時刻表を広げだしたので
危険なことを察知しました。もう夜ですよぉ・・・。

「上菅谷駅の駅で途中下車して常陸大田駅へ・・・行くかぁ」
もう夜なんですけど・・・東京に帰れるのでしょうか┐( ̄ヘ ̄)┌

でも、先輩が時刻表を読みだした瞬間から悪い予感が始まっるのは
昔からなので覚悟はできてる でも真っ暗だよぉ。さぁ乗換!!

Img_0593a

そんなこんなで、常陸大田駅に到着です。
なぜか駅が電飾している。綺麗だけど人気が無い・・・・。

それにしても駅が豪華な作りです。
平日の朝とか夕方とかは人が多いのかなぁ。

本当に立派な近代的な駅ですねぇ。
Img_0597a

さて、いい加減して帰りましょうね。
もう夜になったのに(´;ω;`)ウウ・・・

まだ茨城県内をうろうろ・・・。
物凄い距離を電車に乗っている感じです

Img_0598a

そして、終点水戸で・・・また鹿島臨海鉄道にであいました。
でたガールズ・パンツァー・・・。

流行っているのねぇ。ここまで全面的にラッピングしてると
可愛いを通り越して凄いになりますねぇ(* ̄ー ̄*)

でも、可愛いからOKですよぉ

Img_0603a

戦車の絵も描いてあるのね・・・。
女の子と戦車の接点を見いだせない・・・ひなたでした。

Img_0602a

さすがに、水戸駅に帰ってきたので先輩に
「帰りましょう・・・いい加減」と告げて。
帰ることにしました普通で・・・。
と考えたんだけど・・・無理・・・体力的に

なので、豪華バージョンでエル特急のひたち号に
乗車しました( ̄ー ̄)ニヤリ

上野駅には完全に夜に到着です_ノフ○ グッタリ

でも夕食を食べていないので二人で思い出の
大学の最寄り駅で食事をして帰ったら家に23時30分・・・・。

さすが先輩!! 
JR東日本の週末切符をかなり有効に使うテクニックに感動です。
だけど・・・体中が痛い・・・なぜか家でも揺れを感じる・・・。

食事の時に「今年は出かけるぞ!!」
と言われ・・・。恐怖が走りました・・・どこに連れていかれるのだろう
もちろんOKと答えましたけどねぇ。

おしまい。

« 小旅行・・・東京23区を離れて、まずは鹿島臨海鉄道へ 其のⅠ | トップページ | 花かほる梅の花 東京大田区 多摩川線 »

なんて素敵なジャパネスク!(旅行のお話し)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。モモパパです。
この気動車はキハ52かな。
あまり自信ないですけど・・・。
国鉄時代から走ってるんですね。
最近の気動車とはえらい違いだな~。
デザインも性能も。

はい、骨董品です。
これ目当てのファンも多くて。
(吉田)

ちたちなか海浜鉄道さん。骨董品を持つことは英国では紳士の嗜みとされています。紳士としてこれからの末永く誇り高く走り続けると良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小旅行・・・東京23区を離れて、まずは鹿島臨海鉄道へ 其のⅠ | トップページ | 花かほる梅の花 東京大田区 多摩川線 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想