フォト

カテゴリー

« 日本の空を飛ぶための翼 日本航空機製造YS-11試作1号機 | トップページ | 最新鋭貨客船 東京都の島々へ強い味方 橘丸就航 東海汽船 »

2014年6月26日 (木曜日)

停留所?いいえ駅です! ガイドウェイバス ゆとりーとライン

ひなたはバスが大嫌いです(笑)なんですが・・・。
ここに大きな問題があるのです。その中間わぁ?

そんなバスあるんですよぇ。ガイドウェイバスさん。
う~ん。体験してから好き嫌いを考えようと名古屋
まで来てみました

えっと名古屋駅から市営地下鉄で大曽根駅で下車
ここはJR中央線の駅もあるところです( ̄▽ ̄)

そして駅前に立つ巨大な駅がガイドウェイバス
大曽根駅(?)駅でいいのか停留所なのか・・・。

Img_1052a_2

それにしても、おおきな駅ですねぇ。まるで普通の
駅と変わらない構造でビックリです・・・・・( ̄▽ ̄)
お客さんは多いのかなぁ

ガイドウェイバスの区間は大曽根駅~小幡緑地駅
間の6.5kmあってその先は、普通のバスとして
走る不思議な、とても不思議なバスさんです
Img_1054a_2

ホーム?。なんだか?マークが連続で困ってしまう。
あらら・・・バスが行ってしまった・・・残念次のバスで
いきませう

でもなんだろう、この不思議な感覚わぁ。違和感が!
物凄いんですけどぉ・・・。

Img_1061a

ホームのような所で待っていると新交通みたいで
おもしろいけど・・・来るのは普通のバスです・・・。

バスなんですよぇil||li _| ̄|○ il||li普通のバス・・・。

Img_1055a_2

ちょっと気になって終点を見てみたら大きな駐車場
でした。ここで方向転換と運転士さんの休憩をする
のかなぁ?

Img_1064a

う~ん駅名看板もある。停留所のような
そうで無いような不思議な感じにクラクラします_| ̄|○
Img_1063a

さて、さっき来たバスが折り返して来ました。あっ!
真ん中の扉から乗るタイプなのね。均一じゃない。
結構、均一に運賃になれているので緊張します

23区内の都内は均一で前払いで楽だからなぁ・・・。
均一料金にしてくれると嬉しいなぁ(願望かなぁ)

Img_1059a_2

そうだぁ。大切なバスの装備を「ガイド」です。この
横に着いた車輪でコンクリートの側面を捉えて走り
ます。だからハンドルは回さなくてよいんだよねぇ

でも、運転士さんも大変です。制限速度が書いてあ
る看板にあわせてアクセルを踏んでいく・・・大変だぁ!

そこは電車と同じなのね・・・( ̄▽ ̄)でも信号は無い
う~ん。不思議の連続だぁ

Img_1060a

それにしても不思議な空間というか線路じゃないし
道路じゃないし・・・なんといえばいいのかなぁ・・・。
軌道かなぁ?

Img_1056a

さて、恥ずかしさ満点で車内から撮影してみました。
もう、恥はかき捨て・・・迷惑にならないように・・・・・。
といっても、おかしな女がいると言う視線が痛い

視線が背中に突き刺さる・・・痛すぎる・・・・。

Img_1068a

さすがに視線に耐えられず(当たり前ですよねぇ)
あとはお澄ましで見学です(* ̄ー ̄*)

あっ・・・前からバスが来ますねぇ。おもしろいなぁ

Img_1069a

さて、長く乗るとバス酔いするので2つ目の駅?
停留所の「砂田橋駅」で下車します( ̄▽ ̄)
Img_1070a

まだまだ、先まで専用の軌道が続きますけど
わたしはここで終わり
Img_1071a

それにしても途中駅(停留所)も大きいですね。
まるで新交通の駅と同じぐらいある
バスの運賃で経営できるのか心配なほど豪華
Img_1077a

あっ・・・大曽根駅行が出発していきます!!
ちょっと遠くに見えるのが名古屋ドームです

1つ前の駅(停留所が)ナゴヤドームの最寄り
試合がある日は混雑するんだろうなぁ

Img_1078a

さて、降りた砂田駅も市営地下鉄の名城線と
連絡しています。バスと鉄道が有機的に連絡
していて便利かも。

でも・・・ここまでの施設をバスの運賃で支えら
れるのかなぁ。でも不思議な体験が出来て良し

皆さんも利用してみてください。面白いですよ

« 日本の空を飛ぶための翼 日本航空機製造YS-11試作1号機 | トップページ | 最新鋭貨客船 東京都の島々へ強い味方 橘丸就航 東海汽船 »

新都市交通システム」カテゴリの記事

乗合バス(BRT路線)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです~。
ガイドウェイバス。
僕、乗ったことがあるんですが感覚的にはまったくのバス。
ハンドル廻さないのは鉄道みたいなんですが僕的にはまんまバス。
あんまり収支均衡がとれてないみたいですよ。

モモパパさん。書き込みありがとうございます。

それにしても無駄に巨大な構造物ですねぇ。ここまで巨大だとわぁ想像外でした。絶対にバスの旅客運賃だけでは未来永劫・・・採算は取れないですねぇ。

ちょっと仕事で調べたのですが運転するためには大型2種と鉄道の運転資格の両方がいるようです。人件費で採算合わないよぉ。

こんばんは
ちょっと前の記事に・・・すみません (^_^;;アセッ!
名古屋市内で暮らしている私ですが、このガイドウェイバス、まだ一度も乗ったことがありません。
いやここ数年は、市バスや地下鉄でさえほとんど乗ることがありません。
それはさておき、確かに不思議な交通システムではあります。
しかし沿線の人口や利用者を考えると、当然”赤字”だろうなぁ!
なぜ、こんなものを作ったのか不思議に思ったものです。
ひなたさんもすでにご利用された”リニモ”や”あおなみ線”同様、地元民たる私には「これ、いるのかよ?」と思わざるを得ない公共交通機関です。

慕辺未行さん。書き込みありがとうございます。
実は私も仕事柄とても興味があったのですが・・・バスの施設があんなに巨大である必要があるのかなぁ?
実はもっと地味に作っているのかと思ったのですね・・・あれでは採算ど外視ですねぇ。
せめて高架じゃなく地上の一般道に作るなら、採算の立てようがあるんですが、高架じゃ維持費だけで旅客運賃が消えるようなぁ・・・。大丈夫なのか名古屋市(汗)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 停留所?いいえ駅です! ガイドウェイバス ゆとりーとライン:

« 日本の空を飛ぶための翼 日本航空機製造YS-11試作1号機 | トップページ | 最新鋭貨客船 東京都の島々へ強い味方 橘丸就航 東海汽船 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想