フォト

カテゴリー

« 最新鋭貨客船 東京都の島々へ強い味方 橘丸就航 東海汽船 | トップページ | 赫々たる武勲旗 鐵道省旗・国鉄旗(本社旗)  »

2014年7月 4日 (金曜日)

小説・・・私の部屋 東京ステーションホテル

阿保と言う人は何事も主張を変えない所がある。わたくしも、その人種である。毎年の誕生日には東京ステーションホテルに泊まりに行く。東京23区内に住んでいて東京駅に泊まりに行くのだから阿保である。

 誕生日近くになりホテルの予約をした。前回泊まった部屋が良いので同じ号室をオーダーした。ホテルの都合でバラバラに部屋を変えられたら面白くない。1日だけど私の部屋なのだから同じ場所が良い。さて、前回と大きく異なる点がある、それは不思議なことに手元に3万円もあるコトである。しかしながら夕食と朝食を合わせると、持ち合わせが心もとない・・・それどころか2万円は確実に足りない。

 ここは、誕生日であるのだから妹に登場してもらってプレゼントに夕食をお願いしようと思い相談してみると「OKだよぉ」と言われた。これで朝食の心配だけすればよい。これは簡単な問題で食べなければ良いのである

 

某月某日の2時30分に家を出た。東京駅まで30分の汽車の旅である。そして東京駅丸の内南口改札を出て東京ステーションホテルのフロントへ足を進める。

Img_0618a

 フロントでチェックインするときに「朝比奈さまは2回目のご宿泊ですね」と尋ねられた。とても大きなお世話だが。でもそうだから丁寧に「はい」と礼儀良くお答をした。

 宿泊名簿のサインをしていると奥からマネジャーが「宿泊号室は指定の場所ですので、ご案内は大丈夫ですか?」と聞いてきたので。わたくしは「いいえ。手荷物がありますので運んでください」と指示をした。
Img_0497a


Img_0682a
当然である。小旅行用の小さな手で持つ旅行鞄を持ってきている。
キャリーバッグは気品が無い。わたくしが好むところではない。したがって小さな鞄を持ちながらレディーがホテル内を歩くなどは
お門違いもいい。きちんとポーターに指示させて部屋まで運ばせ室内の案内をしてもらう。そして部屋に案内させ荷物を私が考えた所定の場所に置かせた。これもサービスである。


 さて、今回は晩餐を妹とするために慌ただしい、17時に新橋駅に待ち合わせなので再度、完璧に身支度をするのに手間をとってしまった。晩餐は銀座資生堂パーラーでディナーなのだから服装も完璧に仕上げた。

17時に新橋駅の銀座口で妹と一緒になり、徒歩で資生堂まで・・・タクシーまでお金はまわらない。

Img_0618a_2
 
さて、晩餐である。コース料理も良いのだけど、束縛されるのは好きではないアラカルトで注文をした。誕生日であるからアペリティフにシャンパンにし優雅にグラスを上げる。ワインは私たち姉妹でそろって、お酒は弱いのでペリエにした。さて、美しい食器で見ても楽しい。私は前菜・子羊・メインはビーフシチューそれにバニラアイスに紅茶。こんな安いオーダーした。なんとも安い客だ・・・・。

しかしながら、さすが資生堂。アイスの器が銀製である。もちろんスプーンも。申し分ない。最高のディナー。さて、貧乏人が長湯しても良いはずがない。次のお客様もことも考えて1830分にギャルソンに会計をお願いした。ここはテーブルごとの会計。会計用のレジはないのである。

 新橋駅まで姉妹で歩いて帰る。上弦の月が整然と銀座の上にあがる。新橋駅から妹と京浜東北線で左右に分かれる。不思議なもので全くの阿保である。普通4万円もあったら頭の良い使い方をする。実に阿保である。

 東京ステーションホテルに戻れば一人きりで静寂に包まれる。高さ3mの天井をベットに乱暴に倒れてみてみる不思議と幸せに包まれる。嫌なこと寂しコトは忘れられそうな気になる。不思議でいい気持。このまま永遠に幸せが続けばいいのにと考えてしまう。
Img_0763a

 すこしホテル見学をしようと思う前回しなかったので今回は見て回った。東京駅の構造や歴史など詳しく展示されている。また、壁には歴史ある鉄道のポスターが掲げられてある。十分楽しめた。本当に良く出来たホテルである。
Img_0644a


Img_0642a

夜も遅いのでシャワーを浴びるために浴室へ。美しい浴室にアメニティーは最高。そして、バスタオルも肌触りが良い。そしてガウンが置かれている。
Img_0954a_2

 寝る前に机で手紙を3通書く。良き友人たちに、ちょっとした記念を捧げるためにホテルオリジナルのステッカーを詰めてホテルの便箋で簡単な文章をかいた。さすがに疲れたのか11時には眠りに落ちる。東京駅の最終電車案内がこれから始まる前に記憶は夢の中。

Img_0957

 時計の針が現実に戻る時間を嫌でも教えてくれる。少し早目にチェックアウト。もちろん朝食は無い。

 
ただ、天気よく行幸大通りから皇居広場へ散策した。最高に気分がいい。テクテク歩いて都営地下鉄三田線の日比谷駅から家に帰る。さて、帰り道に朝食用のおにぎり2個240円をコンビニで買って家の自室で食べる。
まさに、現実との嫌な対面である。

« 最新鋭貨客船 東京都の島々へ強い味方 橘丸就航 東海汽船 | トップページ | 赫々たる武勲旗 鐵道省旗・国鉄旗(本社旗)  »

東京ステーションホテルへ!(わたしの宿泊プラン)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。モモパパです~。
朝日奈ひなたさんは文才がおありになりますね。
「阿房列車」をモチーフにされてるのかな。

こんばんは
お誕生日、おめでとうございます
オシャレな過ごし方ですネェ!
切り詰めるところは切り詰め、贅沢するところは贅沢する・・・
そのメリハリが良いですヨォ w(^o^)w!
東京ステーションホテルへのプチ旅行、そして歴史あるホテルの内部・・・私も少しおすそ分けいただきました。

モモパパさん・慕辺未行さん。いつも本当にありがとうございます。また歳をとってしまいました(哀しい)。
でも、喜んでいただいてありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説・・・私の部屋 東京ステーションホテル:

« 最新鋭貨客船 東京都の島々へ強い味方 橘丸就航 東海汽船 | トップページ | 赫々たる武勲旗 鐵道省旗・国鉄旗(本社旗)  »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想