フォト

カテゴリー

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月27日 (金曜日)

宮松コレクションで見る(Ⅱ) 国鉄モハ52系電車【流電です!】

わたしの困った性格に綺麗なもには目が無いコトがあります。実際的に
すご~く困ります。ホントに見境がないのでぇ  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

その困った衝動で、写真を貰ってしまったのがコノ2点の写真です・・・・。
なかば強引で、宮松様には申し訳ないですぅ・・・くく・・・くくくぅ

正直に言って、わたしがコノ写真を見た時は衝撃的でしたぁ ∑(゚∇゚|||)
これまでの電車の概念を越えたデザイン性と優れたカラーリングわぁ
20世紀の世の中を見回しても、世界に通じて電車のデザインとしては
ハイレベルな電車だと思います。

そんな、モハ52系を宮松コレクションの写真を元に説明など(* ̄ー ̄*)
1_2
【撮影 宮松金次郎】
左側は1次車【昭和11年(1936)4両1編成 川崎車輛兵庫工場で製造】
右側は2次車【昭和12年(1937)8両2編成 日本車輌製造本店で製造】

強烈な個性の電車です。デビューした1次車の車両の色は茶色
電車の下側は明るいベージュ色なので地味に見えますがぁ。
         インパクトが凄すぎです

↑写真では1次車両を正面から写されています(* ̄ー ̄*)
   緩やかなアールを描き 4枚のガラスが角度15度に傾斜していて
   流線型を創り出しています。

当時の技術ではアールを描くガラスが制作できなかったので平たい
ガラスですけど、違和感なく調和して流線型を作っていますねぇ
10103417a2
※参考でデビュー当時の1次車のカラーリング 凄いインパクトあるお色です!!


2
【撮影 宮松金次郎 先頭は52004号車】

こちらの写真は2次車4両(52003-66016-48030-52004)ですねぇ
二次車からは更にスマートな塗装になりました。
全体的にクリーム色そして窓と下の部分には茶色のツートンカラー
電車です(* ̄ー ̄*)

   1次車よりも更にグレードがUPしています。
特に横の窓は更に大きく 展望が良いようにしています。

4両で1編成ですが急行用なので今でいう所のグリーン車が2両と
普通車2両の編成です。いまの目で見ればグリーン車と普通車が
同じ数なのですからねぇ豪華電車になるのかなぁ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

さて( ̄ー+ ̄)
この電車が元気よく走っていたのが東海道・山陽本線の京都から
神戸間ちょうど関西の3大都市(京都・大阪・神戸)を貫くメインの
ルートです。この大阪-京都間・大阪-神戸間

どちらの路線も国鉄の線路と平行して大私鉄が走る関西圏。そこで
電車としては遅れを取っていた国鉄線が一発逆転する為に特別に!
あつらえたのが、流線型のコノ電車でした( ̄ー+ ̄)

     その速さも一発逆転的な速さでした( ̄ー ̄)ニヤリ
京都-大阪間 36分 大阪-神戸間 28分 当時としては超快速
ちなみに今の新快速で計算してみると(平均的な時間でぇ)では
京都-大阪間 28分 大阪-神戸間 26分結構良いレースですね    

そして急行電車【関西急電】ながら料金不要の優等列車で人気も
         上々でした。そんな訳で 

  いまの新快速のご先祖様と言って良い電車さんです
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…
さて、現在は52系電車は2両大切に保存されています
ここで凄い偶然なんですが宮松金次郎さんが撮影した52004号車
愛知県名古屋市の「リニア・新幹線館」に展示されていますよぉ
Img_0556a
  少し52004号車さんの経歴を紹介しますねぇ(* ̄ー ̄*)

昭和12年(1937)6月25日急電として京都―明石間で走り始めます!
その後は、昭和17年まで急行運転が中止されまで頑張りました。でも
戦争でボロボロ。それでも昭和23年(1948)には急行として大復活

昭和25年(1950)9月13日に国鉄阪和線に活躍の場を移します (゚▽゚*)
昭和32年(1957)4月に国鉄飯田線に
昭和53年(1978)に廃車になりましたが保存されました。やったねぇ

平成3年(1991)に飯田線の中部天竜駅にあった佐久間レールパーク
で公開保存されます。ここで少しずつ登場当時の形に修理しましたよ。

   平成23年(2011)リニア・新幹線館での展示になります。
オープン前に完全に近い形でデビュー当時の姿に復元されました。
74年ぶりに輝きを放つ姿綺麗ですねぇ
Img_0550a
せっかくなので復元された52004号車を見てみましょうねぇ(゚▽゚*)
でわぁ。正面ですがぁ。  なんか近すぎました写真撮るの・・・

おもしろい角度ですがぁ
15度の傾きに平ガラス板が取り付けられている姿が良く分ります
Img_0557a
車内は普通車なんですが豪華絢爛ですね。向かい合わせの席が
連なっていますが窓と同じ広さで魅力的ですね。    天井も綺麗の
デザインが凄くシンプルながら良く考えてる。 快適そうですねぇ
Img_0558a
運転席は先頭に大きく確保しています。初めの1次車は四隅にあった
のが、2次車からは大きな運転室に変更になりました。

でも・・・。使いやすかぁ? と言えば問題点もあるようなんですよぉ!
何故かというと運転室に扉が無いので運転室に入るのには客室から
しか入れないのです。これは結構めんどくさいかも・・・・・。
そして、やっぱりと言うか戦後になってから乗務員さんが出入りする扉
がつけられました。お蔭で流線型の綺麗な形がちょっと残念な形に
P1280239
※参考に扉横の窓が半分に・・・そして無理やり乗務員扉つけたぁ。
    飯田線時代のお色です!

Img_0586aa_2
お借りした2枚の宮松コレクションから保存されている車両を見ること
が出来ました。これからも大切に保存されていく車両の原点う見れて
嬉しいです
Img_0544a
それに車内も好きな時に見れるリニア・新幹線館で保存されています。
      お暇な時に足を運ばれたら如何でしょうか?

        リニア・新幹線館へのACCESSわぁ
JR名古屋駅から「あおなみ線」で終点
金城ふ頭駅下車 徒歩すぐです。
入場料は大人1,000円 
            子ども   500円 【平成27年2月現在です】
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

文末になりましたが
宮松コレクションに関しての写真転用は禁止しています。

宮松コレクションに関して宮松慶夫さんの協力して頂きました。 
本来なら立派な写真集に収められる写真なのですが本当に
ありがとうございます。

主筆 朝比奈ひなた

2015年2月23日 (月曜日)

【étranger~ときめきトゥナイト~江藤蘭世】 岩手PR作戦です!!

今回の記事は鉄道系なんですが・・・私的に懐かしいキャラの紹介

たまたま1月に最寄りのJR東日本の駅で、おっきな駅貼りポスターを
見ました↓これ!! すごく懐かしいですねぇ。ときめきトゥナイトです

もう、えっ何ですかと言う男性の方がほとんどだと思いますが!!
20代後半から40代前半の女子なら1回は読んだことがあろう 
漫画なのですよぉで(* ̄ー ̄*)
05129a721f4cc5acb337
JR東日本も考えてますねぇ。お金持っている年齢層に攻撃ですよぉ。
原作の池野先生が岩手県出身なのでコラボですねぇ。いいコラボだぁ。

ちなみに私が幼稚園時代(遠い目・・・・・)にTVでも放送していました。
実はちょうどその頃、沖縄から親戚の姉が働きに来ていました。そして
我が家で一緒に暮らしておりました。妹・姉・私と漫画好きが集まり・・・。

それは、もう朱に交われば赤くなるですよぉ。そんな訳で高校時代までは
漫画一辺倒でした。だから私がこのブログを書いていることを高校時代の
友人は驚くと思います。

絶対に漫画とかのブログだと勘違いされていると思う_| ̄|○
548fe5c7c29e9
さて、今回はちょっと広告のコトを

わたしは広告宣伝の部署に3年半も在席していたので良く分るのですが
交通系(電車・バス)の広告宣伝は堅苦しいモノが多いのですよ( ̄▽ ̄)

どうしても交通系のPRポスターになると案内に文字を入れ込むので・・。
ポスターのデザイン的に「ごちゃごちゃ」するのですぉ il||li _| ̄|○ il||li

そこでキャラクターを入れる!! 
そうすると全体的に相手に伝わるイメージが掴みやすいですねえぇ

宣伝と言う基本的な事なんですが奥が深い!!

宣伝の極意は相手にこちらの真意を感じさせないで、目的に誘導する事
なんか怖いことなんですが広告を打つ時にはいつも私も考えていました。
150217_2234_001a
今回は余談ですいませんが広告について少し書いてみました( ̄▽ ̄)
不況だと広告が地味になりますが、創意工夫で楽しい広告がたくさん
世の中に出るといいなぁ。

あっ「ときめきトゥナイト」かなり読みやすくてお勧めです!!
もうお決まりの恋愛ものなんですが、安心するぐらいセオリー通りで嬉しい
お勧めの作品でございます。

宜しければ書店で手をお取りくださいませ  ( ^ω^)おっおっおっ

2015年2月20日 (金曜日)

八丈島(三宅島)から東京竹芝桟橋へ           【東海汽船 橘丸クル-ジングⅢ】

今日で第三話 最終回 八丈島から東京港竹芝桟橋へ帰ります。
悪天候の航路をどうにかやり過ごして、その日のうちに東京へと
とんぼ返りします( ̄▽ ̄)

往路の予定は
八丈島出航9:10繰り上げ出港 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
御蔵島12:30着 三宅島三池港13:25着~
東京港竹芝桟橋着予定19:40ですが往路と同じく悪天候ですよぉ。

予定は未定です∑(゚∇゚|||)
Img_0_2
それでは東京に帰りますよぉil||li _| ̄|○ il||li

同じ航路ですが往路は夜がメインでしたが、復路はお日様が照って
印象が違う航海になるはずで楽しみですねぇ~。やっぱり綺麗な海
を見ていたいですねぇ。
P2130112a_3
さて、八丈島を定刻より30分繰り上げ出港します。やっぱり復路も
波の高さは4mから3mでございます。甘くない航海になりますよぉ
P2130118a
そんな訳で八丈島底土港を9:10分に出帆しました。
天気は曇りから晴れに変わっていきます。

凄く良い天気になりそうなので楽しみですが風と波は相変わらず
音が「ゴーゴーゴ」波の音が「ドンドン」と凄いですねぇ ( ̄▽ ̄)
P2130111a
風と波が強いの時は、特等船室の大きな窓は良いですねぇ
外のデッキ波に洗われて、今回は危険なので出れません

自室の窓から雄大な風景が楽しみましょう(* ̄ー ̄*)
今回はちょっと高い金額出して特等船室で正解しました
P2130085a
橘丸は荒波をかき分けて全速力で東京へ進んでいきますよぉ
波は容赦なく船を襲い掛かります。
波しぶきは容赦なく船室の窓ガラスを強烈に洗いますΣ( ̄ロ ̄lll)

4mの波は、うねりを伴う波で船も横に揺れます。
でも橘丸は最新鋭船です。横揺れを軽減するスタビラーザーと言う
装置で横揺れを軽減できるので阿鼻叫喚ではありません・・・・・
P2130081a
でも、船内では安全のために6階~2階へ通じるエレベーターは
使用中止です。まぁ仕方ないかぁ。各フロワーへは階段での移動
ですので部屋で、大人しくしていましょうねぇ( ̄▽ ̄) 
安全第一です
P2130140a
橘丸案内所からお知らせがありました。強風と高波が激しいために
御蔵島に接岸ができないそうです。これで往路・復路とも欠航です。

船室の窓から、すごく丸い御蔵島の島影がみえます。でも波は高く・・。
波しぶきが、そこらじゅうで上がってる・・・。これでは島に近づけない
P2130142a

御蔵島を通過して1時間すると、三宅島が近づいてきましたよぉ。
ここまで来ると天気も快晴でとても気分がよさそうなのでデッキへ
風は強いままですが、島に近づいて波は少し緩やかに(* ̄ー ̄*)
P2130166a
海の青さと空の青色が綺麗です。島の木々は冬場なので大人しい
色ですが夏なら綺麗な緑で覆われるのかなぁ 良い風景ですね。

往路は朝の4時に到着したので真っ暗でしたが、今回は晴天に恵ま
れて綺麗に見ることができます。う・れ・し・い

さて、三宅島の観光わぁ。
三宅島観光協会へACCESSです!!
http://www.miyakejima.gr.jp/
三宅島は2000年の噴火から15年経ちます。少しづつ復興しています。
まだ火山ガスの放出していますが。規則を守り楽しく観光ができます!

復興で大切なのは、訪れてみる事です(* ̄ー ̄*)
美しい景色が楽しめる三宅島に観光で出かけよう! 綺麗ですよ
P2130145a
さて、三宅島三池港に接岸です。13:40に到着しました( ̄ー+ ̄)
定刻では13:25入港なんですが、15分遅れの入港になりました

八丈島出航を30分繰り上げor御蔵島を通過扱いなので遅れ気味
もし、全部が定刻通りなら1時間以上の遅れになったと思います
P2130149aa
三宅島でも大急ぎで貨物の積み下ろしを実施していました。
三池港を出ればすぐに3m~4mの荒波が待っています。
遅れを取り戻すのは困難なので出航を急いで時間を作ります
P2130163a
入港から30分で貨物の積み下ろし、お客様の乗り降りを済まして
三宅島三池港から離れます。デッキで海を見ていたら水の色が
綺麗です。
P2130165a
写真で見ると・・・そんなでも無いのですが、瑠璃色していますねぇ。
海の深い所は藍色で、浅い所は瑠璃色ですねぇ。海を見ていると

凄く違いを感じます。もしかしたら、私だけかもしれませんけど
沖縄の海とはやっぱり違う色です こちらの方が深い色かな
P2130175a
船は速足で三宅島を離れます。島の灯台が綺麗に見えますねぇ。
この岬は「サタドー岬」と言うそうです。良い風景ですねぇヽ(´▽`)/

次に来るときは観光で岬に行きたいなぁ~断崖が凄いですねぇ。
P2130104a
船は大急ぎで東京湾へ進んでいきます。また外洋に出たので
デッキは危険なので船室に戻りませう。安全に船を楽しむ事は
大切ですよぉ( ̄▽ ̄)

船の航跡が綺麗ですよぉ。 この景色も良いですね(* ̄ー ̄*)

そうだぁ。鐡道旅行と船旅って結構楽しみ方が違いますねぇ
寝台列車などで長距離移動の時は、走っている位置は通過する
駅で解かりますし、川や山・町など景色は豊富ですねぇ。

鉄道と比べて船は景色は単調かも知れません。

まわりが海ですからねぇ でも、楽しみっは別の角度であります。
夜は降るような星が綺麗昼間は船の航跡が宝石のアクアマリン
の様に美しいですぇ(* ̄ー ̄*)

船旅は何もないと思われる景色から綺麗を発見する旅なのかも
P2130096a
さてさて、話していたらお腹空いた┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
お昼なのでレストラン橘でお食事しましょうねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

今日のお昼わぁ。カレーライスです凄い無難なチョイスですね。

お値段は800円です。この値段を聞いて高いという人
チッチッチッ 海を見がら温かいご飯なんて贅沢でしょ( ̄▽ ̄)
一流の眺望が出来るレストランは展望料がチャージされています
それと同じで、私は食堂車でご飯を食べる時は400円は展望料と
考えています。

そう考えれば料金は400円 ほらぁお安いでしょ( ̄ー+ ̄)
P2130186a
そんな訳で今日のお昼ご飯のカレーですよぉ  (v^ー゜)ヤッタネ!!
P2130097a
ちなみに朝ごはんはトーストセットです。こちらはクルーズプランに
含まれたサービスなので無料です。美味しく頂きました(* ̄ー ̄*)

レストラン橘の皆さん。美味しいご飯を御馳走様でした


(* ̄0 ̄)ノ レストラン橘は決められた時間に営業しています
時間を合わせて食べに行こう お勧めですよ♪(o ̄∇ ̄)/

ちなみに今回は
朝ごはん7:00~7:40ラストオーダー
昼ごはん12:30~14:30ラストオーダー
夜ごはん17:00~18:30ラストオーダーでした。 
P2130192a
船室で波に揺られてベットで昼寝です。ああっ 幸せ~
17時には日が暮れてきました。夕焼けがとても綺麗ですねぇ~。

遠くに伊豆大島の島影が幻想的です。海から見る景色はとても
違う雰囲気がします。たぶん水平線まで綺麗に見えるからかも

お金を出して堪能する価値十分です
P2130185a
橘丸の各デッキ中央には大型モニターで運航状況が解かります。
ちょうど飛行機も同じような画面があるでしょ 
それと同じですね

船は18:00には東京湾に進入しました。波が静かになりましたよ。
さて東京湾の難所浦賀水道に近づきます。ここは規則が厳しい

浦賀水道を航行する全長50m以上の船は航海速力を12ノット以下
の航行が義務づけられています。なので橘丸も減速開始です。
P2130260a
浦賀水道を越えて横浜港沖を通過しましが、かなり遅れています。
竹芝桟橋入港定刻は19:40ですが30分遅れになりました。

急ぎの旅ではないので私的には大歓迎ですけど、ほかのお客さん
は我慢ですねぇ。自室で夜景を楽しんでいたのですがデッキに!!

昨日見た! お台場沖の夜景をデッキで眺めていました(* ̄ー ̄*)

なんかぁ。あっという間の船旅でしたが楽しかったです。
乗船時間は約20時間くらいでしょうか。
もっと長い船旅したいなぁ( ̄▽ ̄)

陸に上がれば現実がぁ。
そんな気持ちで20:10に東京港竹芝桟橋到着しました(* ̄ー ̄*)
P2120002a
浜松町駅への帰り道。
東京タワーが綺麗に見えます。パタパタ歩きながら・・・ふっと・・・。
まだ地に着いて無い感じがする。20時間も海の上にいたのです。
そんな実感を陸で感じました

さて、東海汽船のクルーズいかがでしたか?
このクルーズプランは2015年3月31日まで実施していますよぉ。
のんびり海を見る幸せを感じませんかぁ 
海は貴女を待ってます

主筆 朝比奈ひなた

2015年2月17日 (火曜日)

橘丸 船内うろうろ探検です!!               【東海汽船 橘丸クルージングⅡ】

楽しい橘丸クルーズの第二話  橘丸船内探検の巻きでござます。
1日乗りっぱなしクルーズですので暇ぁ・・・il||li _| ̄|○ il||li

そんなわけで船内探検です  _/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!
P6292770aa
わたしを八丈島まで送って頂ける東海汽船の橘丸さんです(* ̄ー ̄*)
橘丸は、お客さんと貨物を一緒に積む【貨客船】と言うジャンルの船

この船は平成26年(2014)6月から働き始めた、最新鋭船なんです
どこが凄いかと言うとハイブリットな船なんですよぉ( ^ω^ )
O076707671378947363033

ディーゼルエンジンと電気モーターで、スクリューを回します( ̄ー+ ̄)
なので船があまり揺れませ。普通の船ならディーゼルエンジンだけで!
ガタガタ振動しますが橘丸はハイブリット自動車みたいな振動です

船内は最上階が6階・4階が乗り降り口・一番下が2階ですよぉ( ̄▽ ̄)
P6292809a
さて船の案内を終わって・・・。あっ

まずは探検の前に~ 猫船長の許可を
東海汽船の橘丸さんで勤務する船長をご紹介しますねぇ (* ̄ー ̄*)
勤務場所は4階の案内所で働いていますよ。かなり可愛いでしょぉ
P2130271a
猫船長さんは橘丸の守り神でもあります。
船には希少な三毛猫のオスを乗せるといいと言われています
橘丸は猫船長が常駐です。大時化(おおしけ)の航海も安心です。

(* ̄0 ̄)ノ 猫船長は
作家のエサシトモコさんの手によるものだそうです(* ̄ー ̄*)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

さて、探検開始です。

まずはわたしが宿泊しております6階の特等船室ですよぉ
橘丸は特等船室が10部屋あります。
ちょっとだけ5階に特等船室2部屋あります。どちらも通路が
特別に仕切られている為にとても静かな空間になっています。

※特等船室エリアには
         自動販売機もあるのでエリア内でコトがすみますよ
P2130214a
それと特等船室の嬉しい点は窓が凄く大きいコト ここ重要ですよ!

ヨコが170cm位かなぁ~。タテは1mくらいで海が良く見えますよぉ
外のデッキから海を眺めるのも良いですが、ベッド寝ながら海を見る
贅沢なことできます (v^ー゜)ヤッタネ!!
P2130091a
さて、ここが↓特等船室の入口です。
緑色の扉は外のデッキにでる扉です。
凄く近いので直ぐに外に出れる。←これは便利でねぇ~
P2130083a
緑の扉を出るとすぐに最上階のデッキに出ます。
凄く気持ちいい感じです

特等船室から外のデッキまで20歩くらい( ̄▽ ̄) いいでしょぉ
P2130162a
さて、6階から5階に降りますよぉ~。

5階は特一等船室・一等船室があります。エリアに喫煙室があります。
ちょっと個室なので普段は入れませんが覗いてみましょうねぇ

特一等船室
洋室4人部屋タイプ部屋。B寝台みたいベット配置の個室です( ̄▽ ̄)Tachibana201406264500x375

特一等船室
和室4人部屋タイプ部屋。ごろんと寝るタイプの個室です( ̄▽ ̄)
0000507

一等船室は
2等船室のような感じの8人部屋の個室です(* ̄ー ̄*)
中規模の団体なら貸し切りでプライバシー保護されていて良い
Tok001a69e6782
こんな感じの部屋たちが皆様をお待ちしていますね(* ̄ー ̄*)

さてさて、特一等船室がある5階からも外へ出るデッキがありますよぉ
こちらは6階のデッキの下なので天井がありますけど雨降りならOK
風が強い時もいいかかもぉ。 やっぱり海はいいなぁ~
P2130193aaa

5階の船内案内図を見てみると6階・5階エリアは小さいですねぇ( ̄▽ ̄)
本当にプライベートゾーンとしては静かで最高な船旅が得られますよぉ
P2120066a

4階は橘丸のオープンスペースかなぁ~。 重要なエリアになります
橘丸案内所・レストラン橘・オープンラウンジなどメイン施設があります

船の乗り降りする場所もこの4階になりますぉ(* ̄ー ̄*)
P2130127a
4階の橘丸案内所です。
困りごとなどはこちらへ 係の人が宿直でいらっしゃいますよぉ
P2130095a
ここは↑レストラン橘さん。
朝ごはん・昼ごはん・夜ごはんなど提供してます。開いている時間帯が
あるので放送でチェックしてみましようね。ケーキセットなどもあります

お食事は入口の券売機で求めてくださいねぇ
ちなみに簡単なレストランメニューのご紹介!!
橘オムライス900円  橘ラーメン800円 などのオリジナルメニュー
カレーライス800円   レタスチャーハン700円 天ぷらそば600円

ちょっとお安いメニュー
ホットケーキ300円 ご飯・味噌汁セット200円 トースト300円

そんな訳で海を見ながら、美味しいお食事をしようぉ!!
P2130098a
こちらはオープンラウンジで自由に使えますが長湯はダメですよぉ
注目は壁の漫画です!!

名誉船長:柳原良平さんが先代の橘丸の物語を漫画で描かれています
ゆっくり読んでみてください。面白いですよぉ!!
P2130125a
4階と3階には広い手洗いがあります。ドライヤーがあるのが嬉しい
P2130099a
4階の一部と3階・2階は2等船室です。
大きな相部屋ですねぇ。部屋数も多く料金もリーズナブルで良いです
しかもサービスが良い事に頭の部分に仕切りがあります( ̄ー+ ̄)

あっ この3階の部屋は良いかも・・・
だって窓があります。ちょっと大きい丸窓ですが3階~2階の2等には
窓がありません。なので、ちょっとお勧めかなぁ(* ̄ー ̄*)
P2120030aa
さてさて!!
二等・特二等船室には毛布がありませんが100円で貸出されています。
ここれは、係の人が部屋に持ってくるので借りて寝る方が良いです
P2120029a

更に下の3階へ進みましょうねぇ。ここから水面近くですよぉ!
3階は一部が【特二等船室】になっています。
特二等船室はちょっとグレードが高いお部屋です(* ̄ー ̄*)
P2130101a_2
↓二等船室は大部屋でしたが、こちら寝台列車のように二段ベッドが
 集まっているような感じですね。カーテンを閉めればプライバシーが
 守られますねぇ。
P2130123a_2

↓さて、こちらが三階~二階の二等船室です(* ̄ー ̄*)

ちょっと窓が無いので圧迫感がありますが4階にラウンジがあるので
休憩は、そちらで休憩すると良いかもぉ       (*^ー゚)bグッジョブ!!
そうそう3階にシャワールームもあります
P2130126a_2
あと3階で注目は名誉船長の柳原良平さんのコレクション展示です
P2130236a
3階中央にコレクションが綺麗に並べられていますよぉ。
トリスウヰスキーのキャラがたくさんおります。
乗船したら見学してくださいねぇ。注目ですよぉ( ̄ー ̄)ニヤリ
P2120040aa
さて、悪天候で揺れる中
手すりに掴まりながらの船内探検でした。おもしろかった(* ̄ー ̄*)
たくさんの個性的な船室があります
ご旅行に合わせて部屋選びをすると素敵で良いですよぉ~
P6292743a
さて、最終回の三話目は八丈島から東京港竹芝桟橋までの話しです。
次回更新は2015/2/20でございます。

お楽しみにです!!

2015年2月14日 (土曜日)

とってもお得なクルージング作戦です!         【東海汽船 橘丸クルージングⅠ】

1月の記事で東海汽船さんのプレクルーズの記事を書きました
http://harumi-sta.cocolog-nifty.com/khk/2015/01/post-6317.html

その時に竹芝桟橋窓口で「橘丸クルージング」のポスターを
発見ましたよぉ。↓これです( ̄ー+ ̄)素敵なプランでしょ
      もう~ひなたは直ぐ予約入れました。
0000538_4_2

内容は夜に竹芝桟橋を出帆して翌朝に八丈島。そして
そのまま東京へお帰りになる~船に乗りぱなしプランで
すよぉ(* ̄ー ̄*)

しかも、往路復路共に特等船室ですよ。特等! えっと
特等わぁ。2等→特2等→1等→特1等。そして特等 
5ランクで最上です。

飛行機ならファーストクラス電車ならグリーン車以上
かなぁ 凄いリッチな船旅を楽しめますよぉ~。それに
                       わたしは海が好き
1日海を見ても飽きない!ぴったりプランですよ( ̄ー ̄)

そんな訳で2015年2月13日の乗船日が来ました当日
は余裕を持って夜の21:30に東京竹芝桟橋に到着です
P2120018a
ここは便利な桟橋で、JR浜松町駅・都営地下鉄の大門駅
からは歩いて7分。ゆりかもめ線なら「竹芝桟橋駅」からぁ
徒歩1分です。
P2120012a
予約していたので、この窓口で予約番号を言って乗船券を貰います。
往復運賃で28,000円です。そうそう、凄く簡単に乗船券が買えるの
難しい手続きも無いので、船旅の初心者向きかなぁ~

そうだぁ。今回はプランでの乗船なので、お安いお客様です( ̄▽ ̄)
普通に八丈島まで特等片道19,710円なので超がつくほどお得です。
もちろん2等船室なら普段から格安ですけどねぇ
P2120006a_2

さて、これから東京港竹芝桟橋から直線で約287km東京都八丈島
おおよそ東海道新幹線で東京駅から豊橋までの距離になりますよぉ

Img_0_2
往路の旅行工程です
東京竹芝桟橋22時30分出帆~三宅島には翌朝5時00到着します。
次の御蔵島5時55分到着します。

2つの島は早朝すぎ私は寝てるかも!!
終着の八丈島底土港に8時50分到着予定でございますよぉ(゚▽゚*)
でも、予定わぁ・・・未定・・・
P2120010a

東京港竹芝桟橋には最新鋭「橘丸」さんがお待ちかねですよぉ(゚▽゚*)

桟橋の東海汽船窓口で購入した「乗船券」に名前・電話番号など
記入して乗船まで待合室で待ちます~

近くにコンビニが2軒あるので、この時間に買い物するのも1つの
方法ですよぉ (*^ー゚)bグッジョブ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…
 ここで、とても心配なコトが・・・・出帆当日の海上天気予報わぁ。

東京海上気象
12日15時観測 12日17時35分発表 関東海域:海上強風警報
関東海域では西の風が強まり、今後24時間以内の最大風速は
40ノット(20メートル)に達する見込み  Σ( ̄ロ ̄lll)

到着先の八丈島周辺の天気わぁ
西の風が強く三宅島では西の風が非常に強く、曇りのち晴れ・・・・。
波の高さ3メートル後ち4メートルうねりを伴う _| ̄|○

もう、覚悟が必要です。
大時化(おおしけ)の用意をしましょう( ̄◆ ̄;)

そんな訳で夕食を軽めに。そして船酔いの薬を乗船3時間前に服用
酔い止め防止に「梅干しの蜂蜜漬け」などを持参で荒海に挑みます

したがいまして、船も条件付きで出帆になりました。
三宅島・御蔵島・八丈島いずれも接岸できない場合は通過する・・・・・・。
まぁ。わたしは乗りぱなしなのでOKですけど・・・ほかの人は大変です

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・…━━━☆・‥…

さて、乗船は21:10からスタートです。今日は混んでないのでゆっくり
乗船することが出来ましたよぉ。でも多客期は人で溢れますです!!

乗る時に乗船券の半分が回収されます。降りる時は残りの半分を回収
するので絶対に無くさないように注意ですよぉ
P2120019a
さて、わたしが予約した部屋に行きます(* ̄ー ̄*) 
これが一番の楽しみ
乗船口は4階です。私の部屋は6階の608号室です( ̄ー+ ̄)

↑上の写真で大きい窓が4つある列が6階です。その船尾側が
私の部屋。さすが特等船室です。一番高い位置にあります(*^ー゚)
P2120067a
さて、案内所でルームキーを頂いて特等船室ルームへ!!
今日から約1日 わたしが住むお家ですよぉ(* ̄ー ̄*)
P2130214a

おおっ。さすが特等広いです。8畳くらいありますよぉ(* ̄ー ̄*)
この部屋はツインルームなのでベットが2つあります。
P2120068a
なおかつ特等船室はアメニティも充実しています( ̄ー+ ̄)
トイレ・シャワー・冷蔵庫・テレビが部屋にあるシティーホテル並かなぁ。

【特等船室 アメニティグッズ紹介】
タオル・バスタオル・歯磨き・シャンプーリンス・石鹸・浴衣がありました
ウエルカムドリンクで、お水500mL×2本 ポットとお茶も有るよぉ。

P2120069a
さて、出航時間の5分前になりました。4階の出入り口には係の人が
用意しています。そして、出航5分前のドラが船内に鳴り響きます(゚▽゚*)

伝統の定期航路って感じで良いですねぇ
P2120041a_2
そして、汽笛と同時に東京港竹芝桟橋を静かに出帆していきます

すぐにレインボーブリッジをくぐり、東京湾を南に進みます。
さすがに東京湾です波も風も静かに滑るように走ります。
ここまでわぁ・・・
P2120059a

板子一枚とりゃ 下は地獄でも 空と波を見りゃ 海は恋しいわ
 世の中の苦しみを   のがれた海の上  苦しみもわずらいも
 忘れさまよう~
P2120073a
さすがに23:30頃には眠たくなったので寝る準備をスタートです
船が揺れることを前提に!! まず荷物はベッドとベットの間の
床に置きますね。冷蔵庫のモノは中で転がらないように、わざと
倒して山にしておきました~( ̄ー ̄)ニヤリ

気持ち悪くなった用にに、ペットボトルを枕元のホルダーに入れて!
使わない洋服ハンガーも床に置く。念のために腕時計は外さない
よ~しぃ!! これなら、たぶん大丈夫゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

そして寝るベットは壁がある方を使いました。壁側にはクッションを
2つ置いて体を打ち付けないように! ビニール袋も用意OKです!
これで準備完了ですよぉ (*^ー゚)bグッジョブ!!

夜も進みまして2等船室・特2等船室は23:30から照明が消えます
お休みタイムスタートします( ̄▽ ̄)
個室の私は明かりは自分で消すので気にしないのですが眠いので
P2130085a
↑【明るくなってから部屋からの写真】

深夜の01:30頃から大揺れスタートです。と言うかぁ・・・凄いよぉ・・・。
わたしの部屋は6階にあります。さっきの船の写真位置なんですけど。
窓ガラスが波で強烈に洗われていますΣ( ̄ロ ̄lll) ここまで波がぁ

窓ガラスに波が「バラバラバラ・・・」と当たる音が凄い  Σ( ゜Д゜)ハッ!

そして、時折する「ゴン!!」と言う凄い音。それに続いてくる高波・・・・。
船は波を切るように全速力で向かってます。凄いよぉ・・・東海汽船さん。

とりあえず空が明るくなるまでは、ウロウロ歩くのは危険。あと、手すりに
掴まらないと体がもってかられる Σ(゚д゚lll)アブナッ !

さすがに写真を撮る余裕はこの時はありませんでした撮っても暗い
危ないし なので更に寝ました。ほんと良く寝れましたよぉヽ(´▽`)/
そんで目が覚めたら4:30だった

気がつくと・・・
三宅島には、定刻より早く15分も早く 4:45に到着しましたが、まだ夜
真っ暗です。さすが冬の4時なだけあります( ̄▽ ̄)
P2130080a

さて30分ですぐに出航します。次の御蔵島は荒波と恐怖で港への接岸が
不可の判断され通過になりました。まだ、4時なので私も寝ますねぇ。
P2130105a
7:30に起きてシャワー浴びて。朝ごはんをレストランで食べたら。
ちょっと波も穏やかなので外に出て見ましたが・・・・まだ危ない・・。
すぐ船室に戻りました
そんな事していると八丈島が見えてきました( ̄ー+ ̄)

凄く雄大な景色です。↓八丈富士(お鉢)
八丈島は温泉もありダイビングも有名なところです。
次はダイビングなんかで来たいなぁ。
そうそう、ANA便が羽田空港ー八丈島空港を1日3便で結んでいます
空の旅も良いなぁ( ̄▽ ̄)

こちらは八丈島観光協会のアドレス レッツ ACCESSです
http://www.hachijo.gr.jp/   とても魅力的で楽しそうですよぉ。
P2130130a

さて、八丈島底土港には予定より約10分早い8:40に到着しました。
天気は予報通り、あんまり良くない・・・。
でも陸に上がれる。結構嬉しいです     さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
P2130112a_2

しかし、気象状況が悪すぎる・・・海の上は特に酷すぎil||li _| ̄|○ il||li
なので急遽ですが出帆が30分も繰り上げになりました。やっぱりね

なので、私の八丈島滞在時間は30分かぁ 
もちろん承知の上のなので動じませんけど
それにしても、風と波とうねりが絶え間ない。さすが黒潮です

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

さて、次回から2回にわけて旅行の紹介記事を書きますねぇ( ̄▽ ̄)

次回の更新2/17は「乗船した橘丸の船内探検」記事ですよぉ。
でわぁ お楽しみに( ̄ー+ ̄)

2015年2月 7日 (土曜日)

東急7600電車~さよならイベントin KAMATA

とても久しぶりに電車のイベントに行って来ましたぁ( ̄▽ ̄)
正直に鐡道のイベントは好きではないのですが・・・気になることが
P2070002a

東急の中の人←この言い方わぁ・・・微妙ですねぇ。アハハハァ。
一生懸命作っているモックアプを見たら行きたくなりました

東急さん 手作り感満載ですねぇ~(* ̄ー ̄*)

今の鐡道イベントは手作り感が無いので期待できない・・・。でもでも
駅員さん達が一生懸命アイデアを出して作る姿は本来の鐡道ぽくって
とてもいいなぁ( ̄▽ ̄)
Tq

さてさて、東急の中の人が作っているのが↓この電車ですよぉ(* ̄ー ̄*)
東急7600系と言う電車です。正面からみると解らないけど「くの字」に運転
席の正面がカクカクしています。ここ特徴ですよぉ←試験に出ますよぉ

↓ダイヤモンドカットなどと呼ばれているみたいですが・・・。
   宝石なような輝きは・・・無いですけれども魅力的ですね Σ(・ω・ノ)ノ!
P4010317_2a
↑こちらは現行塗装だった時(2014/04/01撮影)
↓こちらはオリジナルカラー変更後(上の電車と同じ 2015/02/07撮影)
2015020701_2
さてさて、モックアプの出来上がりわぁ(* ̄ー ̄*)
良く出来ている さすが頑張った中の人さま

電車の色はデビュー当時のクラシックスタイルの色ですねぇ
ライトが調理に使うボールぽい。本当に手作り感ですよぉ~。

このモックアップは2月7日の東急蒲田駅でのお別れイベントで
写真コーナーとして活躍していました。

ちゃんと制服と帽子を用意していたのがサービス良いですねぇ!
沿線の人には良い記念です

P2070004a
写真は駅員さんに撮ってもらえるサービス付きなのも嬉しいですね。
たくさんの駅員さん達が頑張っていました

サヨナライベントでは記念の入場券。ハンドタオルなどが売ってました。
記念入場券は400円。子どものお小遣いでも買える値段なのが良い
7600kinen_2

でもぉ、やっぱり人気で早くで売り切れたみたいです。人気者ですねぇ
P4010289_2
さて、サヨナラになる東急の電車ですが、高校時代と大学の時に少し
乗りましたぁ。凄く普通に使っていたので無くなるのが不思議ですね。
やっぱり、キラキラの電車なので古びた感じがしないので特にです

それに地方に行った電車さん達がいるので・・・あんまり寂しくないなぁ

豊橋鉄道に30両もいるので名古屋に行く用事がある時に行こうかなぁ
150207_1132_001a
↑こちらわぁ。
東急目蒲線時代の電車さんです。15年前くらいになるのかなぁ。
なんだか難しい改造されて7200系→7600系になったそうです・・・。
いいのかぁ・・・・この説明わぁ・・・。

でも、珍しいかもぉ
ちょうど目蒲線がなくなる1か月前に、ふと撮った奥沢駅近くの写真
目蒲線なので4両編成さんです。それにしても。わたしが電車の写真を
真面目に撮っているコトが凄い 

今振り返ると本当に良い記念になりましたねぇ(* ̄ー ̄*)

2015年2月 5日 (木曜日)

愉しい支線へ 丸ノ内線方南町支線

Linemap_of_tokyometro_marunouchi_li
とても久しぶりを通り越すと・・・懐かしいになります( ̄▽ ̄)

高校時代はひなたは都立高校で食品化学を専攻していて
東京都立工業技術センター(たぶんそんな名前・・・忘れた
そんな場所が方南町駅近くにありました。
3年生は研究の為に移動教室です

わたしは液体クロマトグラフィーを使って怪しげな研究を・・・・。
なんてったって元は理系人間でしたので楽しかった

でも、通学はキツイ・・・。
わたし東京の南のはずれに住んでいるんだけどなぁ・・・。
1週間も通わされました。授業ですからねぇ( ̄▽ ̄)

そんなわけで1週間だけ、わたしの通学電車だったのが!!
丸ノ内線の支線です。
中野坂上駅から方南町支線に乗り換えです

Img_0619a
中野坂上駅の真ん中のホームが2番線です( ̄ー ̄)ニヤリ
上下線の真ん中に方南町行の電車が入ってきます。

本当に久しぶり来ましたけど・・・まだぁ3両なのね( ̄▽ ̄)
車両は新しくなって・・・なんか東急さん ぽいけどねぇ
しかも・・・3両編成
Img_0621a
これは、伝統かな、ドアの上のステッカー
昔も見覚えがありました。懐かしすぎる・・・( ̄▽ ̄)
Img_0622a
さすが、丸ノ内線。次々来ます。
そして真ん中の3両編成は左右の扉を開けて
お客さんをお待ちかね。
Img_0629a
上下の電車が出発したら。方南町行も出発です!!
短い路線ですが私の思い出の通学路線ですねぇ。
さて、私も久しぶりに方南町へ・・・!!
Img_0707a
さて方南町は行き止まりです。
真ん中にホームがある1・2番線行き止まり
壁は汚いままの昔と同じ

壁は昔のまま汚く暗い感じ懐かしい
Img_0711a
さて方南町駅は行き止まりですが1・2番線に電車が到着します。
結構、住宅街ですからね3両編成で一生懸命の輸送ですよぉ。
Img_0712a
さて、丸の内支線の行き止まり「方南町駅」でした。

降りても目の前は環状七号線の道路があるだけなので・・・。
改札を出て直ぐに新宿へ逆コースでもどります(笑)

それにしても数十年ぶりの方南町支線でした。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想