フォト

カテゴリー

« 東武鐡道 東武浅草駅へ 【上り 特急しもつけ282号】 | トップページ | 横浜市電保存館へおでかけⅡ (トラン編) »

2015年9月17日 (木曜日)

横浜市電保存館へおでかけⅠ (エトランゼ編)

そろそシルバーウィークですねぇ。今年は祝日の並びが良い
のでお出かけには都合よいですよぉ。ちなみに朝比奈わぁ
仕事です。 はぁ~ほんとうに貧乏がいけないんだぁ・・・
P7210078a
 そんな訳で、シルバーウィークにお休みの方に贈る
ひなたがお勧めする鐡道スポットをご紹介でございますよぉ

ご紹介するのは「横浜市電保存館」さんです。関東で唯一の路面
電車専用博物館です(≧∇≦)それで博物館への行き方をご説明

     まずはJR横浜駅から出発しますねぇ
P7210004a
まずはJR横浜駅の中央改札口に出ます。そうすると大きな中央
コンコースを東口に進んでいきます。すると、 横浜東口地下街の
ポルタに突き当たります。ここポイントですよぉ。 間違えても西口
ダイヤモンド地下街に行かないでくださいねぇ(゚▽゚*)
P7210005a
エスカレーターで地下街のポルタに降りてから真っ直ぐ直進です。
間違えても絶対に曲がっては行けません。直進あるのみです

すると、横浜そごう百貨店の食料品売り場に突き当たりますよぉ!
ここで右側にあるエスカレーターで1階上のB1に進みます。すると
バス乗り場の表示があるのでB階段を上がります。

もし、不安でしたらエスカレーターを降りた正面に横浜市営バスの
案内所があるので、ココでもう一度教えてもらおう。迷わないよぉ。
P7210006a
さて、地上にあるバス乗り場に着きました。ここは横浜市営バス
神奈川中央交通バス・京浜急行バスなどのバス停がギッシリと
あります。なのでバスだらけ。

ちょっと見ていたら横浜市営のキャラクターバスが停車中です
バスが好きな人には良い場所かもです( ̄ー ̄)ニヤリ
P7210012a
さてさて、バスをのんびり見ていたら8番バス乗り場に京浜急行バス
110系統「磯子駅」行きが来ました。このバスで「滝頭」と言うバス停
まで出かけますよぉ(* ̄ー ̄*)

このバスは桜木町駅を経由して伊勢佐木町から内陸地に入ります!
所要時間は30分〜40分位のバスの旅が味わえます。凄く横浜らしい
景色が楽しめるので面白いですよぉ

※8番乗り場からバスなら全部「滝頭」まで行きますので安心して!
   運賃(現金) 大人210円 子ども110円ですよぉ(v^ー゜)ヤッタネ!!
P7210123a
さて、滝頭バス停に到着です。わたしも久しぶりきて油断しました。
市電保存館への案内図が無い えっ 何で無いのぉ~~~
少し焦りましたけどバス停の時刻表の裏に案内図がありました

バス停からは直ぐ横断歩道があるので渡ります。そしたら直進!
市営住宅に沿って真っ直ぐ歩くのですが、ここにも案内図が無い
不安です! 地図を見てくれば良かった・・・

でも我慢して歩いているとコンビニが見えるので右に曲がり直進
そして「滝頭」バス停から徒歩5分程度歩いているとぉ(≧∇≦)
P7210014a
待望の「横浜市電保存館」の入口が見えます。以前に来た時よりも
綺麗に整備されていました。なんか良い感じでですねえぇ(* ̄ー ̄*)
P7210015a
それでは保存館に進みます。それにしても市営住宅の集会場にしか
見えない外観は以前と同じなんだぁ。なんだろうモヤモヤ感わぁ!!
P7210113a
   さてエントランスホールで入場料を払います( ̄ー ̄)ニヤリ

大人100円 子ども50円 さすが公営の資料館だけありますよぉ。
凄く安いです。でもでも、わたしは何度も書いているのですが、私が
好きな英国とか欧州・米国などでは博物館・美術館は原則無料
日本みたいに高額な入館料を請求する先進国なんて無いんですよぉ

ただ日本独自の問題もあるので500円位は妥当だと思うけどねぇ
今回は想定以下の入館料なので大満足です (*^ー゚)bグッジョブ!!

   博物館は遊び場ではなく学びの場なのですよぉ
P7210099a
さて、今回訪れました「横浜市電保存館」は昭和48年(1973)に開館
しました。  おもな展示は横浜市電の車両を中心に横浜市交通局の
歴史を一同に見ることができます。また関東では唯一の路面電車の
資料館(博物館)でもあります

また平成25年(2013)にはリニューアルを行って綺麗になりました
P7210024a
市電保存館では自由に横浜市電に乗ることが出来ますよぉ!!
わたしが来た時にはお母さんと子どもが楽しく遊んでいましたよ。

そうそう保存館ではテーブルをもうけた休憩スペースがあります!
休憩室では弁当を食べることもできます。自動販売機もあるので
子どもとのお出かけには良いですよぉ (v^ー゜)ヤッタネ!!
P7210049a
【↑昭和44年10月1日現在代の横浜市電路線図 大きくなるよ↑】

この資料館は横浜市電について深く資料が展示されていますねぇ!

横浜市電は明治30年代から市内を網の目のように走っていました。
その路線kmは日本でも有数で路線がピークに達した昭和30年代に
は総延長が約52kmに及び1日の利用客数が30万人を超える巨大な
交通機関でした。

しかし、その後は道路混雑と地下鉄建設などで昭和47年(1972)
3月31日をもって横浜市電全線が廃止になりました。

この保存館では、その歴史を後世に残すために横浜市電滝頭電車
車両修理工場跡に保存館が作られました。しかも当時の車両7両が
動かいな状態ですが綺麗な状態で集められています。
P7210057a
そうそう、ひなたはリニューアルオープン前に来たことがあるの
ですが当時は薄暗くて地味な感じでした。それが今では明るく
綺麗になってビックリしました。それに凄く手入れもされていて
嬉しい(*^ー゚)bグッジョブ!!

特に市電へ乗る場合は復元された「電停」から乗る感じですね。
電停のポールも復元されていて凄くおもしろいですよぉ!!
P7210065a
館内に市電の展示だけではなく日本でも最大級になりHOゲージの
ジオラマ運転が見れます。さすが、横浜市営だけあって横浜市内の
風景を走る模型をゆっくりと見れますよぉ( ̄ー ̄)ニヤリ


そうそう係の方が操作する運転時間は「毎日5回です」館内の案内に
注目です それに模型運転は個人でも運転できますよぉ (*^ー゚)b
好きな方は運転してみよぉ!!
P7210064a
また、市電資料館では吉村栄さんがお作りになった鐡道模型が大量
に保存されついます。 どれも手作りの作品で興味ある人は思面白い
と思います。とくに神奈川県とゆかりのある車両が多いそうですよぉ。
P7210097a
   そして、わたしが楽しみにしていた展示がコレです(≧∇≦)
リニューアルオープンした時に新しく展示されたコノ大時計さんです
この時計は横浜駅東口本駅舎の大時計でした。凄く興味深い展示品!
Ppcdb_b14_03004_yokohamaeki_2
P7210080a
この大時計は昭和3年(1930)~昭和55年(1980)まで横浜駅東口
本駅舎に掲げられた時計です。そして昭和20年には激しい横浜大
空襲では横浜駅周辺が破壊されるなか奇跡的に横浜駅は残りまし
た。そのような歴史を今に伝える大切な時計です。

 近くから見てみましたけど大きいです。物凄い大きさですねぇ!

だって直径が160cmもあるんですよぉなので、わたしがすっぽりと
入ってしまう大きさなんですよぉ。 すごいでしょ 
いまは稼働状態に復元され大切にされていますよぉ(v^ー゜)ヤッタネ!!
P7210110a
ゆっくり見ると凄く時間がかかります。興味深い車両場ばかりなので
勉強になる。 うん勉強によいです。でも疲れて窓から外をのぞくと
横浜市営バスの滝頭営業所が見えます。

昔は市電が並んでいたところにバスが並んでいますねぇ (* ̄ー ̄*)
P7210121a
さて、今回訪れた横浜市電保存館は広いので主な展示品の
横浜市電の電車は次回の御紹介します。それにしてもお安く
       凄く楽しめる鐡道の博物館ですよ

秋の連休に訪れてみては如何でしょうか。面白いですよぉ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…
               横浜市電保存館

  休館日   毎週月曜日(祝日の場合は翌日変更になります)
     開館時間  9:30〜17:00まで(最終入館16:30まで)
     入館料     大人100円 子ども50円 とてもお安いです

※横浜市営バス1日乗車券を提示すると入館料がなんと50%OFF

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

さて!!今回は連休の提案をした 朝比奈がお伝えしました

« 東武鐡道 東武浅草駅へ 【上り 特急しもつけ282号】 | トップページ | 横浜市電保存館へおでかけⅡ (トラン編) »

博物館・資料館・展示室」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
横浜市電博物館とは渋い選択ですね。
私も滝頭付近はなんどか行ったことがあるのですが、地味な感じがして中に入ったことはありませんでした。
路線図を拡大してみましたが、かなり広い範囲で運行されていたのですね。東京もそうですが、横浜のみなとみらい地区など、もう一度路面電車を走らせたい場所がありますね。
次回も楽しみにしています。

こんにちは~。モモパパです。
横浜市電保存館を訪れたのですか。
横浜市電って結構早くに廃止されたのかと思ってたんですが結構遅くまで走ってたんですね。
意外です。
大体名古屋市電とほぼ同時期に廃線となったんでしょうかね。
きれいな状態で保存されてますね。
屋内展示だからピカピカですね。
大体市電の保存車両って屋外の公園なんかに保存されてることが多いのに。
こちら名古屋では名古屋市電の駅のポールがいまだにバス停のポールとして活躍してますよ。
どこでも見ることができます。

快速特急さん。書き込みありがとうございます。

そうですねえ滝頭営業所は地味な所にありますよねぇ。
しかも保存館も見た目は地味です。でもリニューアル
したので中はとても綺麗で良く出来ています。

料金も安いので、また遊びに行きたいと思います!!
次回もお楽しみに(≧∇≦)

モモパパさん。書き込みありがとう

名古屋市電も名古屋市内にはたくさん保存車両があるので
見てみたいです!! 近い内に名古屋に行きたいなぁ!!

バスポールそうなんですか。絶対に見てみたいなぁ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市電保存館へおでかけⅠ (エトランゼ編):

« 東武鐡道 東武浅草駅へ 【上り 特急しもつけ282号】 | トップページ | 横浜市電保存館へおでかけⅡ (トラン編) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想