フォト

カテゴリー

« 国鉄ご自慢 特急こだま号の座席です!! | トップページ | 鐡道趣味社発行 写真歴史集【東京市電・都電】11月に発売です!! »

2015年10月17日 (土曜日)

第143回鐡道記念日 特集 昔は神中鉄道・今は相模鉄道さん

鉄道記念日を記念して鐡道趣味の特別展開催です

さて、今年度の特集は「相模鉄道」そうです「相鉄」さんを
特集してみますよぉ。でも実は私はそんなに相鉄は詳しく
ないので、ここは乗ってみる事にしました

さて、どうなるコトになるでしょうかぁ 不安だぁよぉ
Pa130001a
そんな訳でやってきました神奈川県最大の駅「横浜駅」です。

JR横浜駅を中心に京浜急行線・横浜市営地下鉄線・東急線
みなとみらい線 そして相鉄線が乗り入れる巨大ターミナル
お蔭で横浜駅はいつも工事中です。まるでサクラダファミリア
状態です。いつ完成するのか不明です。恐ろし子・・・横浜駅
Pa130043aa
そんな横浜駅に乗り入れる相鉄は横浜駅の一番西口に駅を
構えています。相鉄横浜駅は髙島屋百貨店と相鉄ジョイナス
が入る巨大なターミナルビル2階にホームがあります (゚▽゚*)

      相鉄横浜駅の中央改札口は2階と1階
たぶん1つの会社の駅では神奈川県最大数の自動改札機が
並んでいとおもいます。。少し数えたけど40台以上あるよぉ。
   さすが1日の乗降者数は平均42万だけあります
Pa130004aa
    【↑相鉄横浜駅 1番線となりの降車専用ホーム】

駅の中に入ると行き止まり式のホームが並んでいますよぉ

JRの線路がある方から1番線そして降車専用ホーム・そして
2番線・3番線・降車専用ホーム。凄く不思議な番号の付け方
です。降車ホームに番号を振らないので変則ですねぇ

単純に言えば3つの線路が駅に入りこんでいます。さてさて!
それにしてもホームが長いです。 相鉄線最大の編成は10両
編成。なので1両×20mなので200mもあるホームです

見ごたえ十分なターミナル駅です。素晴らしいです(≧∇≦)
Pa130008a
Pa130029
それでは相鉄に乗って見ますよぉ。とても久しぶりで10年は
軽く利用していません。たぶん私にとって関東で最も印象薄
い鐡道ナンバー1な気がします。

何と言っても利用するのは 実は今回で3回目なんです

わたしが初めて相鉄に乗った時の強烈なイメージ。それが!
新しくもない古臭い電車。なぜか暗い車内。しかも凄く走るの
が遅いと・・・マイナスイメージで興味なかった・・・。

でも、久しぶりの乗ったらイメージアップしていましたよぉ!!
相鉄キャラクター(そうにゃん)も可愛いし、ラッピング電車も
良い感じです。
1348109687_2
 【↑ いまの相鉄路線図 クリックすると大きくなるよぉ(≧∇≦)】

カタカタ揺られて各駅「海老名」行に乗っていますよぉ。でも
昔と同じなようでぇ・・・ちょっと遅いですねぇ。
   まぁ京浜急行と比べてなんで仕方がないよな気もするぅ

さて相鉄線は横浜駅から海老名駅までの相鉄本線(24.6km)
と二俣川駅~湘南台駅までのいずみ野線(11.3km)そして!
あんまり使わない元貨物駅の相模国分信号所~厚木駅まで
の厚木線(2.2km)  全線合計38.1kmあります。

今日は全部乗ってみますねぇ。それにしても相模鉄道。訳して
「相鉄」。そう言えばJRにも相模線があるので名前が似すぎて
メンドクサイ。しかも、海老名駅と厚木駅は相模線と繋がっる

                    凄く変な感じですねぇ ( ̄▽ ̄)
ああっこのへんな感じは正しい感覚なんですよぉ( ̄ー+ ̄)
  なぜなら JR相模線こそ本家本元の相鉄なんですよぉ
7a40296149557cefdc55
そこで相鉄(相模鉄道さん)の歴史などを お話しましょう!

そんな訳で「砂利」です。上の写真は砂利です。砂利ですよぉ。
大切なので3回言いました。細かい小石です。 これが重要

ここでコンクリートの作り方をお教えします。ビルなどを建設す
る時に絶対に必要なコンクリート。これは「セメント」+「水」+
「砂」+「砂利」を混ぜて作ります。「砂利」を加えないで混ぜる
と「モルタル」になります。

よく火事の時に聞く「木造モルタル造り」のモルタルですねぇ。

さて、ここでコンクリートの話し。水・砂は調達は簡単なんです。
でも砂利は難しい。だって小石がたくさんある場所なんて無い。
あるとしたら河川敷くらいです。

時は関東大震災前後です。頑丈な建物を作る為にコンクリート
の技術が普及しはじめます。とくに地震が多い日本では良い
建築方法ですねぇ。そこで重要になるのが砂利ですよぉ。

そこで重要物資!「砂利」が大量に必要になりました。その大量
に砂利がある場所と言えば神奈川県下では相模川が一番です
  そこで相模川から砂利を運ぶ鉄道を作ろうを考えました。
Photo_2
  • 【↑大正15年 当時の相模鐵道線と神中鐡道線。大まかの位置把握用です】

    大正10年(1921)9月28日に茅ヶ崎駅 - 寒川駅間が開業しました
    そんな訳で、相模川の砂利を運ぶ目的なので貨物が主力です
    これが相模鐵道です。おまけでお客さんを運んでる状態です。

    開業してからは近くの相模川への支線がたくさんできます。この
    支線で砂利を集めて駅まで運びます。 そこから茅ヶ崎まで運び
    東海道本線経由で東京・横浜に送られていました。

    砂利は儲かるので路線を神奈川県内陸へ延伸していきます。
    大正15年(1926) 4月1日に寒川駅-倉見駅間が延伸開業します

    ちょうど同じ時期に厚木-二俣川間を開業させたのが神中鐡道
    と言う鐡道会社です。この鐡道は神奈川県の内陸部を結ぶこと
    そして貨物(砂利)輸送のために作られました。

              またまた砂利ですよぉ
    151015_1808_001
       【↑相模川で採取した砂利をトロッコで駅まで運ぶ様子です】

    神中鉄道でも自社で砂利を採取する部門が作られていますねぇ
                        さすが「砂利」さまさま状態です

    厚木駅―二俣川駅間(16.03km)が大正15年(1926)5月12日に
    開業しますがぁ・・・。神中鐡道の凄いのは、厚木駅も二俣川駅も
    他の鐡道と乗り換えできない。完全な陸の孤島状態でスタート

    ただ、神中鐡道開業2か月後には、茅ヶ崎から路線延伸してきた
    相模鉄道が厚木駅まで到達したので、どうにかぁ陸の孤島状態
    から脱出ですよぉ。 でもねぇ( ̄▽ ̄)    

    戦前の神奈川内陸部には産業があまりないので早くも神中鐡道
    は赤字を作り続けます。唯一の打開策はとにかく砂利が売りやす
    い場所へ線路を延ばすこと 

            そう神奈川県最大の都市「横浜」への延伸しかない!
    391015k1781
  •    【↑ 撮影 宮松金次郎 神中鐡道2形1号機 無断転載禁止】

    そんな野望の横浜延伸を考える神中鐡道の主力は蒸気機関車
    と客車でした。そして、写真に写されたのが貴重な神中鐡道1形
    蒸気機関車ですよぉ!!!

    神中鐡道では1形蒸気機関車を2両持っていました。ナンバーは
    「1」と「2」です。この蒸気機関車は大正9年(1920)に米国で生ま
    れました。ここで凄く不思議なことがおこります (・_・)エッ....?

    蒸気機関車の完成が早すぎる。凄く早く出来ているのですよ!
    神中鐡道開業は大正15年。さて6年間どこにいたのでしょうかぁ?

    不思議機関車でもあり、更に面白いのが小さい蒸気機関車なの
    に動輪が4つもあることです。これ日本では凄く珍しいですよぉ。
                              注目ですよぉ(゚▽゚*)
    さて写真に写された「1」号車は戦後まで活躍をします。そして!
    昭和26年(1951)に廃車になりました。30年間も神奈川県を走り
    まくりました。凄いねぇ!! エライ!!
    Mk6759
      【↑撮影 宮松金次郎 昭和6年 相模鉄道厚木駅 無断転載禁止】

    こちらは神中鐡道が開通した大正15年に相模鐵道に採用された
    相模鉄道1形蒸気機関車の4号機です。 同じ形の機関車は4両
    いました。相模鐡道では貨物・客車を引っ張って大活躍

    その後は国鉄の買われてしまいます。その時ナンバーも変わり!
    国鉄1335号機になります。しかも国鉄での活躍は短いのです。

    昭和23年(1948)1月に写真に写された1号車→1355号車は廃車
    になります。その後、今の福島臨海鉄道(小名浜臨海鉄道)に引き
    取られ走りますが昭和36年(1961)には廃車になりました。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

             神中鐡道・相模鐡道を写した写真のこと

    さて、実は戦前の神中鐡道を写した写真は凄く少ないのです
    1冊千円もする本ですら数枚しかありません。そこで今回は宮松
    コレクションから相鉄50年史・60年史で掲載された写真を中心
    に公開しています。また、写真は汚れなどを修正して復元をかけ
    撮影当時の美しい画像を見てもらっています。

    本来なら著名な鐡道史家のコメントを付けるに値する写真なのに
    貴重な写真貸して頂いき。ありがとうございます。
           改めて宮松慶夫さんに心より感謝します。
    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…
    Photo_3
     さて、ここで再度の神中鐡道の路線のお話です(* ̄ー ̄*)

    大正15年(1926)に神中鐡道が開業してから赤字打開のために
    路線延長を始めます。まずは、砂利を売る為に大量に消費して
    くれる横浜を目標に進みみます。

    実は、当時の横浜市は関東大震災の復興を目指す大工事が
    進んでいました。横浜駅まで延伸すれば赤字を逆転できること
    間違いなし!!  もぉ! お客さんより砂利です!

            なので  直ぐに延伸します
    開業と同年の12月には星川駅(現・上星川駅)まで延伸します。
    昭和2年(1927)には星川駅―北程ヶ谷駅 (現・星川駅)までの
    延伸をします。
    それにしても神中鐡道は物凄い勢いで線路を伸ばしています。

       調子よく延伸してきたけど、ここからはペースが落ちます。

    北程ヶ谷駅開業からまた2年かけて昭和4年(1929)2月14日に
    1.5km延伸して西横浜駅まで線路が延びました(v^ー゜)!!

      ここで待望の! 悲願の!  東海道本線と接しましたぁ

    このとき西横浜駅の近くには横浜市電の停留所がありました。
    これにより横浜市内と神奈川内陸部が神中鐡道で部分的に
    結ばれました。ここにきて初めてお客さん運ぶのも儲かるかも! 
                      
                         神中鐡道さんは考えました!
    そこで電車では無く。ガソリンで走る気動車を導入します(゚▽゚*)

         これからガソリンカー王国 神中鐡道のスタートです。

    また、路線も昭和6年には1kmだけ延伸して平沼橋まで来ました。
    ここまで来ると横浜駅へは残り400mだけです。頑張れです!!

    昭和8年(1933)12月19日に念願の横浜駅に乗り入れを開始です。
    当時の神中鐡道横浜駅はいまの髙島屋百貨店付近にありました。  

      これで安泰 念願の横浜到達おめでとうです(*^ー゚)bグッジョブ!!
    39730k1637
    【↑撮影 宮松金次郎 昭和14年(1939)7月30日 神中鉄道横浜駅近く 無断転載禁止】

    念願の横浜駅に乗り入れてから約6年後です。 宮松金次郎さん
    は横浜駅付近に鐡道写真を撮影しに来ていました。宮松さんが
    撮影場所に選んだのが、いまの相鉄ジョイナスがある場所です。

    この撮影場所の後方に東京横浜電気鉄道(東横線)の高架橋が
    見えます。いまは東横線の横浜駅-桜木町駅間の廃止で高架も
    部分的に壊されて昔をしのぶことが出来ません。
    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

    さて、撮影された凄い編成は神中鐡道キハ1形+キハ30形です

    先頭のガソリンカーは流線型の美しいですねぇ。このガソリンカー
    は神中鐡道が東京横浜鐡道から昭和14~15年にかけて6両購入
    した中古車です。でもでも中古車でもぉ ( ̄▽ ̄)

            結構! 新しいガソリンカーなんですよぉ。
    22222aa
    もともとは昭和11年(1936)に東京横浜鐡道の東横線で走って
    いました。当時は看板電車で沿線案内のパンフレットの表紙を
    飾るほどの人気者でしたがぁ・・・・

    でも、この車両は坂道を走るのは苦手なガソリンカーなんです。
    東横線のアップダウンが多い線路には向いていなかったようで
    登場してから・・・なんと4年で東横線を引退してしましますぅ

      そんな時に輸送力向上目指す神中鐡道で購入しました。
    1両の大きさが約17.7mそして定員116名(座席定員52名)の
    当時の神中鉄道では最大のガソリンカーでした。しかしですよぉ。

    ガソリンで走るガソリンカーは戦争で動けなくなります。そこで!
    昭和17年(1942)4月キハ1・5・7号車には木炭で走るスペシャル
    装置を無理やり付けましたがぁ。なんと数日後の4月23日には
    5号車が火災で炎上してしまします。なんか・・・ついていない
    Zz
        【撮影 宮松金次郎 神中鐡道キハ30形 昭和12年 転載禁止】

    神中鐡道キハ1形に連結されているのが神中鐡道キハ30です。

    昭和10年-11年(1936)にかけて日本車両東京支社で6両作られ
    ました。大きさは12mそして定員66名(座席定員38名)でした!

    写真が撮影された当時は、旅客輸送も活況でガソリンも不足なく
    元気に走っていました しかも、嬉しい事に横浜駅に乗り入れてか
    らは、お客さんも劇的に増えました。

    そこで混雑する時はキハ1形と連結したり、空いている時は1両で
    走るという大活躍です。しかも、蒸気機関車にも連結されて客車
    の替わりにも勤めました。

    このキハ30形も戦争で大きく運命を変えますよぉ昭和18年(1943)
    にはガソリン不足と神中鐡道の電化で余剰になりました。そこで
    東武鐡道・新潟交通・神戸電鉄へ売られていきました。
    ちょっと寂しいすぎる・・・
    39730k1635
    【↑撮影 宮松金次郎 昭和14年(1939)7月30日 神中鉄道横浜駅近く 無断転載禁止】
    こちらのガソリンカーは神中鐡道キハ50形の53号車ですねぇ。

    昭和12年-15年(1940)までに日本車両東京支社で5両が作ら
    れました。 登場時はキハ40形と言う名前でしたが途中からは
    キハ50形とう名称に変更されました。

    このガソリンカーも流線形が綺麗ですけどねぇ。何と言うか凄
    く野暮ったいです。それでも大きさは約14.3mまた定員も80名
    (座席定員48名)神中鐡道が製造したガソリンカーでは最大の
    大きさでした。

          神中鐡道では旅客輸送も延びてきていました。
    昭和9年(1934) には1,006,007人
    昭和12年(1937) には2,504,263人 約2倍以上もの伸びです。

    しかし、神中鐡道は意外な窮地に陥ります。また「砂利」です。
    相模川の砂利を乱獲した為に川の治水に大きな影響が出て
    しまい砂利の採取制限が始まり好転してきた経営が徐々に!
    悪化していきます。
    Photo
    経営が悪化する神中鐡道を待ってましたとばかりに昭和14年
    (1939)11月20日。臨時株主総会で東京横浜電鉄社長の五島
    慶太によって買収されてしまいます。こうして東急傘下の地方
    鐡道になりました。

    その前には相模鐡道の株式も買収されてしまいます Σ(゚д゚;)
    従って相模鉄道も神中鐡道も社長は五島慶太さんですよぉ

    そして五島さんは東京横浜鐡道でゴミになった電気施設を!
    神中鐡道に売り付けます。このゴミを使って神中鐡道を電車
    で走る路線にしようという魂胆です。さすが商人ですねぇ!!
    151015_1807_001
    【五島慶太率いる東京急行の路線図 自社以外も同じ扱いで書いてある】
       【↑クリックするとおおきくなるよぉ 路線図 朝比奈ひなた所蔵】

    東急の傘下になってから2年後の昭和16年12月8日から戦争が
    はじまります。初めは景気よく勝っていたので問題ないのですが
    そのうち負けて! 旗色が悪くなります。

    そんな昭和18年(1948)4月1日に相模鐡道が神中鐡道を吸収
    合併します。もちろん、どちらの会社の社長も五島慶太なので
    儀式的に終了です。

    そんな新生相模鐵鐡道。けっこう優良な鐡道になっていました。
    厚木周辺には海軍の基地や工場。相模原には陸軍士官学校
    などなど軍の施設がたくさん出来て景気良くなります。

    でも、軍事景気には必ず天罰があるようで、昭和19年(1944)の
    6月1日に戦争の激化に伴い。新生相模鐡道の旧相模線が戦時
    買収私鉄に指定されしまいます。もう強制的に国有化されてしま
    ます。この時に強制買収さた路線が現在まで続く「相模線」です。
    Pa130019a
    そんな訳で新生相模鐡道に残ったのが旧神中鐡道線だけでした。
    でも国に強制的に買われる前に合併したので「相模鐡道」の名前
    だけは残りました (v^ー゜)ヤッタネ!!

    でも、めんどくさいです。今の相模鉄道は現・神中鐡道線であり。
    旧・相模鐵道線は現・相模線と覚えることに・・・なんか複雑だあ。

    そんな相模鐡道は昭和22年(1947)6月1日に東急傘下から独立
    鐡道業務を自社経営に戻しました。この先の歴史は私はとても!
    不得手なのでやめにしますねぇ。戦後史はあんまり好きじゃない。

                      でも1つだけお話しておきます (゚▽゚*)

        戦後 相鉄のターニングポイント横浜駅西口の開発

    お話は戦前に戻ります。もともと横浜駅西口という場所は不毛な
    地帯でございました。なんせ横浜の中心地は桜木町よりさきです。
    なので、今の横浜駅周辺は寂しかぎりでした。

    昭和6年に現在の横浜駅が完成しても駅舎は東口だけ。しかも!
    メインの横浜駅東口さえ賑やかさには縁遠い状態でしたΣ(゚д゚;)

    特に横浜駅西口は米国の石油大手のスタンダード石油㈱が広い
    敷地を持っていました。本当なら石油タンクを設置する予定でした
    が計画が中止になり荒地のまま戦争でになります。

    米国資産なので日本政府によって差し押さえられます。がぁ戦争
    負けたので戦後にはスタンダード石油㈱に権利が戻りました。
    1947102422a
    【↑昭和22年(1947)横浜駅西口の航空写真 赤枠がスタンダード石油用地】

    この土地を昭和26年(1951)スタンダード石油が売ることになります
    ここで競争です。相鉄・横浜市・その他1社で競売にかけられました
    そして、相鉄が横浜駅西口の広大な土地24,700m²を入手に成功!

    この土地こそ相鉄の発展を約束する原動力になっていきますねえ。
    151015_1810_001
    昭和28年(1953)には西口の大規模区画整理がおこなわれます!
    上の航空写真では川などが入り込んでいますが、この区画整理で
    今の横浜駅西口の街の基礎が出来ました。

    Pa130038a
          ああっ。話しても話しても海老名に着かないよぉ・・・・・。

    余りにも話疲れたので少し寝ますよぉ 戦後の相鉄の歴史は
    今風な親切な入門書が一杯あるししかも、インターネットのHP
    も数えれないほどありますので そちらを見てくださいねぇ   

    そんな朝比奈ひなたが贈る。
    鉄道記念日特集でした!!

    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

    宮松コレクションより貴重な写真をお借りいたします。
    文末ですが宮松慶夫さん ありがとうございました!

    « 国鉄ご自慢 特急こだま号の座席です!! | トップページ | 鐡道趣味社発行 写真歴史集【東京市電・都電】11月に発売です!! »

    宮松金次郎 作品資料室」カテゴリの記事

    東日本地区/私鉄・地下鉄」カテゴリの記事

    コメント

    こんにちは~。モモパパです。
    重複してたらすいません。
    神中鉄道にはそんな歴史があったんですか。
    いやはや勉強になりました。
    流線型のガソリンカー。
    当時の日本車輌のデザインそのまんまですね。
    日本車輌の造る流線型車輌には少なからず共通点が多い車輌です。
    昔、名鉄で走ってた850形という車輌もこのガソリンカーにそっくりでした。

    いつも返信が遅くてすいませんです
    モモパパさん。いつも書き込みありがとうございます。

    名鉄もガソリンカーが活躍した時代がありましたよねぇ。
    それに時代の先端をいった流線型の車両などありますねぇ
    特に戦前は魅力的!! いつかは特集を書きたいです!

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 第143回鐡道記念日 特集 昔は神中鉄道・今は相模鉄道さん:

    « 国鉄ご自慢 特急こだま号の座席です!! | トップページ | 鐡道趣味社発行 写真歴史集【東京市電・都電】11月に発売です!! »

    2020年10月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    サイト内検索
    ココログ最強検索 by 暴想