フォト

カテゴリー

« 東洋唯一の地下鉄博物館【地下鉄の電車はどこから入れるのか考えると夜も眠れない編】 | トップページ | 芝浦ふ頭はおもしろ不思議で一杯だぁ【旧東京都港湾局専用線と旧国鉄芝浦駅】 »

2016年7月30日 (土曜日)

新しい東京湾のお嬢さま おがさわる丸デビューです!!

P7290233a
東京は長い梅雨も明けて嬉しい夏空の季節がきたよぉ。
こんな天気が良い日は海が見たくて東京竹芝桟橋まで
物凄い暑い中 お出かけ開始ですΣ( ̄ロ ̄lll)

実は今年7月2日から東京港竹芝桟橋〜小笠原諸島の
父島二見港を結ぶ小笠原汽船さんに新しい客船が登場
したんですよぉ。 おめでとうさんです(v^ー゜)ヤッタネ!!

もぉ~これが見たくてぇ(≧∇≦)お出かけしたのでした
P7290157a
そんなこんなで電車を乗り継いでJR浜松町駅から歩いて
5分くらいかなぁ。 とても便利な竹芝桟橋まできました
※ゆりかもめ線なら「竹芝駅」下車徒歩1分だけどね(゚▽゚*)

   ふらふら歩いていると竹芝旅客待合所の上に
「新おがさわら丸就航」の横断幕を発見したよぉ(゚▽゚*)
ターミナルにはお迎えの人など居て賑やかな感じですね
P7290155a_2
今日は小笠原諸島の父島を昨日出航したおがさわら丸
さんが、午後15:30入港予定なので一番暑い時間帯のぉ
15:00に桟橋の遊歩道で船をお出迎え作戦です(≧∇≦)

でもねぇ~船の入港時間は「電車」とか「飛行機」よりもぉ
物凄く前後するのでかなり不安ですよぉ。だって今日は!
   凄く暑いので熱中症に注意しなくてわぁ_| ̄|○
Pamplet20161
↑新しい三代目「おがさわら丸」さんです(=゜ω゜)ノぃょぅ

先代おがさわら丸さんも大きい貨客船だったんですけどぉ
それよりも巨大化しております。さすが小笠原諸島へのぉ
  唯一の交通手段だけあるよねぇ(*^ー゚)bグッジョブ!!
P4250915_2a
 【↑ これは引退した2代目おがさわら丸さんだよぉ】

約1.5倍も総トンが増えている。超大型貨客船ですよ。
     全長150m 総トン数11,035トン
  航海速力23.8ノット=時速約44Kmの最速船です。
  国内で運行する貨客船では最高だと思いますよ

今までは小笠原諸島父島まで片道25時間30分がぁ
24時間(距離にして1,000Km)で到着で来ます
約1時間30分の短縮は超凄いですよぉΣ(゚□゚(゚□゚*)

旅客定員894名(個室船室人数170名)物凄く個室が
増えています。特に1等船室(特1等を含む)は以前の
40室から26室増えて計66室もありますよぉ

さて実物を見るためにターミナル上の遊歩道へ行こう。
P7290007aa
さて灼熱の遊歩道で待っていたら遠くから大きな船がぁ!
レインボーブリッジを通りすぎてきますよぉ。あれだぁぁ
   ああっ青い海を滑るように進んできますヽ(´▽`)/
P7290010aa
ようやく肉眼でもハッキリ見える位置まで船が近づいて
きましたよぉ。これがぁ~ひなたが楽しみにしていたぁ!
P7290020a
       小笠原汽船さんご自慢(v^ー゜)
  高速貨客船「三代目 おがさわら丸」さんですよぉ
太平洋の黒潮を横切って1000km。東京湾のお嬢様
のお帰りですよぉ (○`・ェ・)ノ【お】【か】【え】【り】【!】

そして、ほぼ定時で到着です。今の時刻は15:25です。
今回の航路は天気が良くて良い船旅ができたみたい。
   いいなぁ~わたしも乗りたいなぁ( ̄▽ ̄)
P7290026a
さて、目を桟橋に移すと停船するための目印があるよぉ。

この旗の位置が船のブリッジにあたりますよぉ∑(゚∇゚|||)
あんなぁ 大きな船がキチンと決められた位置に停船する
のだから凄いよねぇ(≧∇≦) 運転大変だぁ(≧∇≦)
P7290015a
もう少し別のところに目を移すと下船する為のボーデング
ブリッジの用意がされていました。これは人力で移動する
ので係の人さん炎天下の移動お疲れ様でした。

このブリッジは車椅子でも利用ができるように今回新しく
作ったそうです。車椅子ご利用の方でも楽に船旅が楽し
めるの素敵ですねぇ(* ̄ー ̄*)
P7290042a
 巨大な船体が桟橋に超接近ですΣ(゚д゚lll)アブナッ !
P7290047a
さて、ここから係の人は大忙しです。まずは大きな船体
が桟橋に着岸する準備を開始します。船首にいる係の
人が接岸する為のロープを桟橋にいる係の人に投げま
すよぉΣ( ゜Д゜)ハッ!
P7290051aa
桟橋の人はロープを手繰り寄せて、係留する為の係船
柱(ボラード)に輪をかけます。それから船はウインカー
でロープを引っ張り少しずつ接岸をしていきます(゚▽゚*)
P7290057a
この作業は船尾でも同時に行います。前後数本ロープ
を手繰って接岸するのは大変そうです 暑いし
P7290056a
P7290058a
もちろんブリッジの係の人も身を乗り出しながら注意
しています。 こうして、そろり・そろりと巨大な船は桟橋
に横付けされていきます。
   港の作業風景はいつ見ても楽しいですよぉ
P7290085a
  ボーディングブリッジを船にかけられ下船開始です。
いまの時間は15:34なのでほぼ定時に東京港竹芝桟橋
に到着ですよぉ。ながらくの御乗船お疲れ様でした(゚▽゚*)

さて、わたしは乗船していないけで少し、新しいおがさわら
丸の客室などのご紹介しますねえ。本当なら乗って紹介し
たいけど無理なのでパンフレットからですil||li _| ̄|○ il||li
    
   【新おがさわら丸の船の簡易船内案ですぉ】

 まずは上と下の写真を見ながら解説しますねぇ(゚▽゚*)
乗船口は4階になります。この4階より下にある3階・2階
2等船室があります。お安い船室なので船の底です

乗船口のすぐ上の四角い窓が並んでいる場所が5階に
なります。ここには特2等船室プレミアム寝台1等室の
スタンダード
があります。船室は簡易個室みたいな寝台
ですよぉ。でもぉ窓に開放感が無いのでちょっと残念
P7290068aa
そして、四角い窓が並ぶ上のデッキが6階です。ここに!
1等室スタンダード・特1等デラックスがありますよぉ
この6階から遊歩道に面した明るい場所になりますねぇ。
さすが1等船室という設備です。この新しい船に個室が
大幅に増えているのでデラックスな船室がお勧めです。

そして、最上階いちば上の遊歩道があるのが7階だぁ!
ここは特1等デラックス・特等スイートがあります(゚▽゚*)
憧れの特等船室は全部で4部屋あります。専用のバル
コニ―まで付いている豪華仕様さん。 いいなぁ~
Pamplet20163_2

【↑PCならクリックすると画面がおおきくなるよぉ(* ̄0 ̄)ノ】
Pamplet201641_2
【↑PCならクリックすると画面がおおきくなるよぉ(* ̄0 ̄)ノ】
Pamplet20164_2
【↑PCならクリックすると画面がおおきくなるよぉ(* ̄0 ̄)ノ】
P7290091a
 乗っても無いのに船内案内も終りにしてぇΣ( ̄ロ ̄lll)
桟橋からフラフラと船を眺めています。するとマストに旗
がたくさん上がっています。

この旗は国際信号旗と言われるもので1枚1枚意味がぁ
あるんですよぉ。ひなたさんは素人なので難しいことはぁ
無理だけど一番下の「赤と白」は水先案内が乗ってます
の意味だったとぉ・・・思ったけど間違ってないよねぇ・・・。
P7290080a
P7290082a
到着してから数分で荷物のを降ろし始めていますよぉ。
手早いです。実は本格的なコンテナの積み下ろしは!
ここではできないのですil||li _| ̄|○ il||li

この桟橋は伊豆諸島からの客船・ジェット船がたくさん
利用するので竹芝桟橋から、ちょっと先の芝浦ふ頭に
移動します。そんな訳で接岸してから30分後のにわぁ
なんとぉ素早く芝浦ふ頭に回航していきますw(゚o゚)w
P7290102a
船が竹芝桟橋から離れていきます。少しずつ船を真横に
離れながら、後ろに下がっていきますよΣ(゚д゚lll)アブナッ !

そして少し広い場所になってから180度ターンします
P7290118a
う゛わ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ こ゛っ゛ち゛み゛て゛る゛そ゛お゛お゛ぉ゛ぉ゛お゛

珍しい・・・・船をまともに船首からみるなんてぇ(* ̄0 ̄)ノ
こんな感じで180度ターンをその場で行うんですよぉ(゚▽゚*)
P7290123a
船がクルクルとターンしているのを横目に日の出桟橋に
着岸する水上バスがスイスイと走っていきますよぉ(゚▽゚*)
この赤い平べったい船は「アメリカ調の竜馬」300人乗り
P7290128a
あらあらとぉ~もう1隻水上バスが来ましたよぉ(v^ー゜)

こちらは銀河鉄道999で有名な松本零時さんがデザイン
した「ホタルナ」120人乗りの水上バスです。浅草からぁ
日の出桟橋まで運行している水上バスも立派な船です
  いつかは特集記事を書いてみたいなぁ( ̄▽ ̄)

こんな風に東京港は大きな船から小さな水上バスまで
賑やかです。船が行き交う姿は絵になりますよねぇ
P7290154a
さて、荷物を降ろしに「おがさわら丸」さんは芝浦ふ頭
へちょっと散歩に出かけました。さてぇ~ここまで来た
らぁ・・・わたしも、もう少し船を見てみたいと思います。

そんな訳で次回へ続きます。
炎天下だけど海風が心地よい・・・でも髪の毛バリバリ
そんな朝比奈が竹芝桟橋からお伝えしました(* ̄0 ̄)ノ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
追伸
鐵道趣味を書き続けてこれで今日で3年目でございます。
次回記事から4周年目となります。はぁ~歳もとるはずだぁ
朝比奈ひなた 

« 東洋唯一の地下鉄博物館【地下鉄の電車はどこから入れるのか考えると夜も眠れない編】 | トップページ | 芝浦ふ頭はおもしろ不思議で一杯だぁ【旧東京都港湾局専用線と旧国鉄芝浦駅】 »

東京港航路(東京航路)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ブログ4周年おめでとうございます。
おがさわら丸が新しくなったのですね。
私は、15~16年程前に所用で父島に行ったことがあります。その時は、先代のおがさわら丸でしたが、長い船旅を意外に快適に過ごした記憶があります。
往時は2等で雑魚寝でしたが、帰路は1等の4人部屋で2段ベッドでした。
帰路に船内のビデオで「タイタニック」を観たことが印象に残っています・・・ちょっとブラックに感じましたが・・・

快速特急さん。いつも書き込みありがとうございます!
 もぉ~3年も書き続けてしまいしたΣ(・ω・ノ)ノ!
   これからもよろしくお願いします(* ̄0 ̄)ノ
もぉ2代目おがさわら丸さんも新しい感じだったのですが
就航してから20年経過したようです。わたしは結局乗れな
いまま終わりました。わたしも今度のおがさわら丸さんには
必ず乗り隊と決心しているのですがぁ・・・どうにかなるかな(・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい東京湾のお嬢さま おがさわる丸デビューです!!:

« 東洋唯一の地下鉄博物館【地下鉄の電車はどこから入れるのか考えると夜も眠れない編】 | トップページ | 芝浦ふ頭はおもしろ不思議で一杯だぁ【旧東京都港湾局専用線と旧国鉄芝浦駅】 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想