フォト

カテゴリー

« 鹿児島に来たなら絶対だよ!! マリックスラインに乗ってみるよぉ! | トップページ | 素敵な船で沖縄へ行こう! クイーンコーラルプラスで行く奄美諸島の瑠璃色海だよぉ »

2017年2月22日 (水曜日)

素敵な船で沖縄へ行こう! クイーンコーラルプラス船内探検作戦です!

P1300286
東京から久しぶりに鹿児島へ来ています(* ̄0 ̄)ノ
そして旅行最大のイベントこそ「沖縄へ船で行こう」
なのですよぉ 凄く楽しみだよぉ(≧∇≦)

そんな訳で鹿児島県の鹿児島新港まで来ています。
http://harumi-sta.cocolog-nifty.com/khk/2017/02/post-beb1.html
↑前回までの記事マリックスラインに乗ってみるよぉ↑

今回、初めて朝比奈さんが乗り込んだこそぉ
鹿児島新港~奄美大島~沖縄(那覇港)を結ぶ!!
マリックスラインさんの「クイーンコーラルプラスさん」
Hune_1_3
平成20(2008)12月3日に沖縄-鹿児島航路に就航
した船です。ちょっと船の概要を説明してみよぉ!!

この船は独立行政法人鉄道・運輸機構というお役所
様とマリックスラインさんが一緒にお金を出して造っ
た共有建造船とう形式で作られた船ですφ(・ω・ )メモ

全長約143m 総トン数5910トン 
約航海速力は21.4ノット(=39.6km)(゚▽゚*)
この船は車を直接乗せるフェリータイプの船ですよ。
8tトラック=26台・乗用車=44台乗せられます。

黒潮が流れる東シナ海を走る為に横揺防止装置の
フィンスタビライザーが着いているよぉ( ̄ー+ ̄)
だから横揺れが少ない・・・はず・・・でも揺れるけど。

船室は特等・1等・2等(寝台)・(洋室)・(桟敷)とぉ
5種類あります。定員は約470名。臨時を含めると
800名乗れますヽ(´▽`)/

それに船首にはコンテナを乗せるスペースがある
奄美大島の各島々へ物資を運ぶ大切な船なのだぁ

そうそうバリアフリーガイドラインに沿った船内設計
なので誰でも安心して船に乗れます。
なんて素敵な船なんでしょ(o・ω・)ノ))
P1310504a_2
さて、ここで重要な鹿児島-沖縄までの運賃わぁ
朝比奈さんが乗るのは優雅な1等船室個室の料金
 片道 大人運賃29,220円です  Σ( ̄ロ ̄lll)

ちょっと高い感じだぁでもお安い船室もあるよ
2等寝台なら20,780円(*゚▽゚)ノ
2等なら14,610円fだよ
【運賃は月によって、また原油価格で変動するので注意です】

少し高い感じもするけど優雅な船旅です。 自分の
部屋でゆっくりくつろぐ「リゾート感覚」を楽しむなら
お手頃価格だと思います。

だって運賃+宿泊代+楽しいクルージング込みで!
お値打ち価格30,000円以下ならお安いですよね
P1300296a
さてさて、船のご紹介・運賃の説明をしていたら船は
鹿児島新港をゆっくりと離れ鹿児島湾を航行中だぁ

ここで少し船内探検をしてみよぉ(*゚▽゚)ノ
いまから泊まる施設なので見学は大切だぁ(≧∇≦)
P1310466a
【↑PCならクリックすると大きくなるよ。 4階案内図だよぉ!】

そんな訳で船内見学作戦開始です(*゚▽゚)ノ

このクイーンコーラルプラスさんのメインデッキは4階
に集中しています。ほとんどの客室と施設が4階にあ
ります。コンパクトに纏められた船内なのです(゚▽゚*)
P1310398a
P1310328a
まずは、朝比奈さんが滞在する1等船室に行くよぉ!
案内所(フロント)の裏側が特等・1等船室エリアです。

このエリアは特等船室・1等船室の乗客だけが利用す
る為に区分けされています。各客室と通路を挟んでぇ
専用のお手洗いがありますよぉ。プライベートエリアな
ので利用するお客さんしか入れません(゚▽゚*)
ちょっと特別な場所なのですよぉ

でも、朝比奈さんは1等のお客様さんなので堂々と入
ります。良い感じだぁ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
P1310498a
P1310496a
ここが、朝比奈さんが泊まる1等船室個室ですよぉ

広さは5畳ほどあると思います。ちょっと狭いビジネス
ホテルって感じですねぇ。施設は手入れされているの
で少し古い程度で清潔でしたよぉ

さぁ 1等船室個室(おひとり様)用の設備説明だよ。

部屋にはテレビ・電気ポット・冷蔵庫があります(゚▽゚*)
洗面台は少し広くて良い感じです。もちろんお湯も出
るよぉ。なので身支度を整えるの十分です。

また、案内所(フロント)に直接つながるインターフォン
が机に設置されていますよぉ。使う機会無いけどぉ。

アメニティーわぁ(* ̄0 ̄)ノ
ハンドタオル・石鹸・コップ・歯磨きセット・シャンプーと
リンスセット・浴衣・お茶のセット(急須・湯呑などなど)
ティシュ・時計・です。
   最低限は揃っています。良い感じだぁヽ(´▽`)/

そうそす。いまはスマホとか電化製品多いのでぇ!!
重要なのがコンセントなんです(* ̄ー ̄*)
コンセントはテーブルに2か所・洗面台に1か所あるよ
十分な数があります(*^ー゚)bグッジョブ!!

ただ 個室にシャワーが無いのですil||li _| ̄|○ il||li
ちょっと残念賞だよぉ。でも特等船室にあるそうです。
お金があればなぁ・・・特等船室に泊まりたかった
P1300290a
1等船室(個室)のベットだよぉ。ベットの頭の方が進行
方向になるよぉ ちょっとねぇ狭くてマットレスが硬そう
なイメージがあったけどぉ  実際使ってみると十分
な感じがしました。
でも毛布は少し薄い感じがするかもぉ

窓は十分な大きさななので船旅を満喫できますよ(゚▽゚*)
素敵な1等船室なので凄く得した感じがします(*^-^)

そうそう同じ航路を走るマルエーラインさん
そこで運行している「フェリー波之上」さんにも1名用
個室があります。こちらは2等(B寝台)船室扱いなの
で運賃は安いけど個室に窓がなのですよぉヾ(*゚A`)ノ
窓がない・・・寝ながら海見れない・・・う~ん

お財布と相談して乗る船を決めると良いかもです。
P1310401a_2
さて、別の部屋も見てみよぉ。もちろん、他のお客さん
がいるので出港寸前に人がいない時に行ったよぉ!

まずは案内所(フロント)の船首側にある。
2等船室エリアを見てこよぉ(*゚▽゚)ノ
2等船室エリアに入る横側にバリアフリーの2等船室が
あります。床面がフラットなので車いすを利用される方
も安心して使えそうですねぇ。さて先に進みますよぉ!
P1310394a
P1310393a
すると2等(洋室)の部屋になります。ここは2段ベット
の部屋になります。でも、さすが船なのでベットの幅と
長さは大きいです。寝台列車ならA寝台程度の大きさ
かなぁ(゚▽゚*)

この部屋ならゆっくり寝られそうです。ただ多くの人が
一緒に寝るので迷惑かけないよに注意しないとダメ!
グループで来たらこの部屋が良いかもです。
P1310327a_2
続いて4階船尾の2等船室にきました。ここは桟敷席
だよ。クイーンコーラルプラスのほとんどの席はこの
桟敷席タイプだよぉ。閑散期は人も少ないのでゆった
りできそうですねぇφ(・ω・ )メモメモ

この船の桟敷席は仕切りがないのが少し残念かもぉ。
P1310396_2a
【クイーンコーラルプラスさんの4階中央部案内図】

さて4階中央に戻ってきたよぉ。客室以外の設備を見て
みます。長い船旅で重要なのがレストランですよねぇ。
4階の中央にレストランがあります。
レストランがお休みの時はラウンジとして使えますよ。
P1310374a
レストランの入口には携帯・スマホの充電器があるよ。
その上のモニターではコーラルクイーンプラスさんの
現在位置がわかるよぉ。これ凄く便利でした(゚▽゚*)
P1310338a
P1310339a_2
エントランスロビーにはクイーンコーラルプラスさんの
模型が置かれています。ここの窓は凄く大きいのでぇ
外が凄く良く見えます。それに豪華なソファーもあるよ。

少し横には貴重品ロッカーがあります。2等船室は共
用部分が多いので貴重品は専用にロッカーに預ける
方が良いです。預ければ安心だよぉ(・∀・)イイ!

そうそう、お土産品など冷凍で持ち込んだ場合です!
溶けてしまう。でも安心してください。有料ですけどぉ
案内所で冷蔵・冷凍品の保管をしてくれますよぉ
これ凄く便利なサービスですね。感心してしまったよ。
P1300306a
P1310323a
レストランの横の通路には自動販売機がありますよ。
船などの自動販売機は高いと相場は決まっているけ
どクイーンコーラルプラスさんは普通の値段でした!
お財布に優しいですよぉ。

この自動販売機ではお酒・ジュース・カップラーメンと
お菓子など売られています。もちろん売店でも販売し
ているけど24時間やっている自動販売機は嬉しい!

さてさて、先に進むと時代を感じるゲームコーナがぁ
まるで80年代です。もぉドクターペッパーが似合う!
それを知っている私も若くないよぉ・・・はぁ・・・。
P1310399a
80年代テイストのゲームコーナを抜けると浴室がある
もちろん無料で入れます。ちょっと狭いようなのでぇ!
入浴するようなら注意してねぇ!!
P1310388a
ここで1階下の3階へ行ってみますねぇ(*゚▽゚)ノ
階段を下りて下に行きます。もちろんエレベターもある
ので上下の移動は簡単です。さて3階は2等客室だけ
なので最低限の設備しかありません。
P1310392a_3
それでも今日は奄美大島へ帰る学校の生徒さん達で
3階のフロアは賑やかな感じでした。なんて楽しい船
の旅で羨ましいですねぇ(≧∇≦)
P1310390a
P1310389a
3階には給湯設備とコインコインロッカーがあります。
4階の貴重品ロッカーには入りきらない荷物はここで
保管する事になるよぉ!!
_edited1a
さて、船内の見学作戦は終了だよぉ(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

さぁ~航海のスタートです。鹿児島新港から那覇港まで
乗船時間は約25時間。距離は約735kmありますよぉ。
この735kmは鉄道で例えるとぉ
東京駅-(東海道本線・山陽本線)-岡山駅少し先位です。
※岡山駅まで営業キロが732.9kmなのです(* ̄0 ̄)ノ

途中停車駅わぁ? この言い方が正しいのかなぁ・・・・・。
奄美大島(名瀬新港)に翌朝05:00に到着予定
徳之島(亀徳港)      09:10
沖永良部島(和泊港)  11:30
与論島(与論港)     13:40
沖縄本島(本部港)    16:40
沖縄本島(那覇港)終着19:00

今はまだ夕方。鹿児島新港を18:00出たばかりです
またまた、5階の展望デッキへ行ってみますね(≧∇≦)
P1310337a
4階のエントランスロビーにある階段を上ると直ぐに
5階へ通じます。果たした降りるまで何往復するコト
になるのかなぁ・・・。
P1300301a
この展望デッキは夜間は閉鎖なので注意ですよぉ!!
やっぱり夜のデッキは危険だから仕方ないよねぇ(゚▽゚*)
でも今は18:00だから大丈夫だぁ!!
P1300316a
さぁ桜島の横を通り過ぎようとコーラルクイーンプラス
さんは速力を上げながら進んでいきますがぁ・・・
風が凄く強くなってきているΣ( ̄ロ ̄lll)
ビュービューがぁ・・・ゴーゴーに近くなってる(lll゚Д゚)

なんだろう かならず船に乗ると時化(しけ)ている
そしてキツイ船旅が待っている 数年前に乗った東海
汽船さんの橘丸さんと同じだよぉΣ( ̄ロ ̄lll)
http://harumi-sta.cocolog-nifty.com/khk/2015/02/post-3501.html
↑東海汽船 橘丸クルージングⅠの記事だよぉ↑

そんな訳で今夜は臨戦態勢でぇ
時化と戦う用意を始める朝比奈がぁ

鹿児島湾(錦江湾)からお伝えしました。

p.s.
↓この2017年冬旅行の始まりの記事はこちらからだよぉ↓

http://harumi-sta.cocolog-nifty.com/khk/2017/02/koj621-0b00.html

     ↓このお話しの続きはこちらだよぉ↓
http://harumi-sta.cocolog-nifty.com/khk/2017/02/post-e005.html

« 鹿児島に来たなら絶対だよ!! マリックスラインに乗ってみるよぉ! | トップページ | 素敵な船で沖縄へ行こう! クイーンコーラルプラスで行く奄美諸島の瑠璃色海だよぉ »

那覇港航路(沖縄航路)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
素敵な船室を利用したのですね。
快適な船旅は宿も兼ねていて一石二鳥かも知れませんね。
私は、小笠原航路で2等と1等個室を利用しましたが、1等の快適性は、やはり違いました。
奄美諸島を点々と停まりながら沖縄を目指す旅、私もしてみたくなりました。

夜にデッキに出られないのはちょっと残念です。私が乗った船では、夜のデッキで星が沢山見られました。(先々代おがさわら丸)

快速特急さん 書き込みありがとうございます
船旅と宿泊で一挙両得作戦してみましたぁ。
どうせ泊まるなら食費削って1等船室が良い
感じです。断然寛げますよぉ。

島づたいの航路なの風景も楽しめるのでぇ!
お勧めですよぉ。ただ乗るのなら天気の良い
季節がいいですねぇ(*゚▽゚)ノ

水戸市民さん。書き込みありがとうです(*゚▽゚)ノ

そうなんですよぉ夜間のデッキは立ち入り禁止
わたしも星空を楽しみにしていたのですがぁ
それ以前に強風と高波で怖くて夜にデッキに
も行けずじまいでした。かなり揺れましたぁ!

それでも晴れの冬場なら閉鎖される前にデッキ
で星空を楽しめるかもぉ。もう一度チャレンジし
てみたいです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鹿児島に来たなら絶対だよ!! マリックスラインに乗ってみるよぉ! | トップページ | 素敵な船で沖縄へ行こう! クイーンコーラルプラスで行く奄美諸島の瑠璃色海だよぉ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想