フォト

花が流れる水中時計

アクセスカウンター

エトランゼ

  • 丸窓の景色

2014年10月21日 (火曜日)

日本の空はMRJで! これから本番だねぇ頑張って!

平成26年(2014)10月18日(土曜日)この良き日happy01
私にとっても大切な日に良い出来事がありました。

三菱飛行機㈱で開発中のMRJの試作1号機が形になり試作機が
出来上がりました。嬉しいなぁ~happy02 50年ぶり2種類目ですねぇ。

それにYS-11がお客さんを乗せて飛べるようになってから50年目
節目の年にできた。新しい日本の翼sign03  まだ飛べないけどcoldsweats01
A0013296_13383469

飛行機は作るのが凄く難しいものでロケット作るより難しいと思う。
だって、人を安全に目的地まで運ぶのですから安全第一ですhappy02
それに、日本製の看板を背負ってますからねぇ( ̄▽ ̄)

MRJを企画し始めたのが、平成17年(2005)でした(* ̄ー ̄*)
それから図面を引いたり国から予算を貰ったり頑張ってきました。

でもねぇ(^-^;
初めは、平成23年(2011)に初飛行して調整しながら平成25年
(2013)には予約してもらった飛行機会社に販売するを予定でした
でも、久しぶりの国産旅客機にです。

久しぶりの1からの開発です。遅れても良いのです。
当然ですよぉsign03 
141018_0355_mrj640

安全第一で作る民間機は試作機と言えども大きなミスはダメhappy02

YS-11の時も試作機が昭和37年(1962)7月11日に完成しても
実際に「普通の人を乗せて飛んでいいよぉsign03」と運輸省から許可
が出たのは遅くて昭和39年8月25日でした。

世界的なアメリカFAAの許可が下りたのは、また1年後ヽ(´▽`)/ 
でも初めてだから仕方がないhappy02

でも、2年間の間のYS-11に対してはひどい言われようですgawk

「飛ばない飛行機」・「欠陥飛行機」・「待ってど暮せど飛ばない」
新聞もTVも言いたい放題です(#゚Д゚)y-~~イライラ

それが、今では戦後初の世界の名機と持ち上げているのだから
報道ほど、いい加減なもは無いのですよぉo(`ω´*)oプンスカ!!
96958a9e93819688e3ea9ae2888de3eae3e

開発の遅れを強調したがる報道は、昔も今も変わりません(-_-X)

MJRも実際に試作機ができるまで、4年近く遅れています( ̄▽ ̄)
でも良いのですよぉ、これからの地上での訓練、そして初飛行して
からの小さな欠点を克服する作業が始まります。

日本人は期日通りの納期にこだわります。当然ですが50年前に1種
類(細かくは型式とか違いますけどね)しか作ったことのない民間機が
期日通りなんてできな。1機全部作るノウハウが無い。無いのはYS-11
の後継機を作らないで貯めたノウハウを捨てたからsweat01

YS-11は日本が初めて作った民間機で普通の出来だと思いますよぉ。
もし、その後に作ることができたらノウハウを生かして、より良い飛行機
が出来て、もしかしたら日本製の飛行機は世界の一翼を担ってたかも。

でも、作れば赤字になるから会社ごと清算してノウハウを0にしたことweep
がとにかく残念です。販売・生産・ノウハウを捨てたことが、この長い
歳月を作ってしまったのねぇ(p´□`q)
Nkx20140714qtka
飛行機とロケットは技術の蓄積でなりたつ工業製品と思います。
あと、MJRは日本の航空会社が率先して使用してほしいなあぁ。

そして、採算をまずは目的から少しおいて技術の蓄積に重きを
置いてほしい、その為に国の税金を使うなら変な高速道路作る
より未来への投資になると思います( ̄▽ ̄)

それに、海上保安庁・自衛隊・消防庁・警察庁と政府にも買って
すべて国産飛行機にして、だって政府が持っている公用車はrvcar
国産車以外ないでしょうぉhappy01 当然、国産飛行機も同じですhappy02

まずは、10月18日に試作機が完成して地上訓練に突入( ̄▽ ̄)
来年か再来年には「初飛行」とまだ時間がかかりますけどねぇ。

日本製の飛行機は日本製らしく頑丈で丈夫で壊れないと世界から
言われるような、凄いMade in Japanの商品になるようにheart

大変なのはこれから本番はこれからです。とにかく頑張れ( ̄ー+ ̄)

2014年10月 8日 (水曜日)

空の日 IN HND2014

えっ~と。新幹線50周年の記事を書くために異常な労力を使ってしまい
タイミングをかなり外してしまった_ノフ○ ダメよ~ダメダメ_| ̄|○。

9月27日(土曜日)は羽田空港で「空の日」のイベントが盛大にありました。
P9272595
会場は羽田空港第一ビルor第二ビルと旧整備地区です。
今回は羽田空港旧整備地区へ来てみました。

ここは主に大田区が主催しているイベントの会場になります。
P9272623
東京大田区ある企業とANA・JAL・東京モノレールなど
出店が開かれていますが京急電鉄はココにはいません。
羽田空港第一ビルでこっそり開店。

こちらは地元の人や大田区に住む海外の方の催しなど
ボランティアで華やかにやっています。
大田区は海外から来た人が多く住む町です。

出店もブラジル・ペルー・台湾・タイ・フィリピン
カナダ(大使館が来てました)
など幅が広く、各国の料理を販売していました。

たくさん食べたけど、どれも安くて美味しかったhappy02

P9272621
10時からスタートして16時まで意外に会場が
広くて食べるのに十分な椅子もあり満足・満足です(* ̄ー ̄*)

さて、旧整備地区での目玉商品はYS-11の展示です。
こう見ると大きいなぁhappy01
天気が曇りで残念sweat01 
と思いきや晴れて青空が見えてきたんですよぉ( ̄ー+ ̄)
P9272616

10分したらこの快晴。マリア様ありがとうございます。
日ごろの行いの悪い私に良いプレゼントですheart
P9272639
さて、なんだか見慣れない不思議な色のYS-11さんです。
なに? これわぁ?

国土交通省(運輸省)が使用した空港設備が正常化を確認する為に
特別に使用した飛行機です。現役時代は同じ滑走路を何十往復も飛
んで電波機器など正確に作動しているか飛行機から確認していました。

乗ったことのある方からの話では「拷問のように」飛んだり降りたり。
水平に飛行したり・・・。さすがに嫌になるとの事でした。

さて、このYS-11では量産型の1号機になりますsign03
なので
量産型では1番のお兄さん。したがって弟が181機いますよぉhappy02
P9272645
JA8610 YS-11は展示している飛行機なんですが現在は国立科学博物館
所属の現役飛行機でエンジンも動きます。
飛ぼうと思えば日本の空を再び飛べる整備をしてます( ̄ー ̄)ニヤリ

あと、100年は現役で保存したいと担当の方は仰っていましたよぉ。
頑張れsign03
P9272603_2

YS-11の記念室ではカタログが展示してありました。
「YS-33」ってΣ( ̄ロ ̄lll)
担当の人がなぜか居なくて、誰にも話を聞けなかった。

ご存知の方は「YS-33」にご一報くださいm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
わたしも解説できないよぉ~。
P9272636

なんだか。また雲の塊が向こうからやってくる。天候が変わりやすのは
女心と秋の空かなぁ。でも写真を撮っていると困るのよぉ~。

P9272620
海上保安庁の飛行機も友情出演です。
こちらは現役ですけどねぇhappy01
P9272614

また、完全に曇ってきた・・・。神様に見放された・・・・。
まぁ日ごろの行い悪いから仕方がないかもil||li _| ̄|○ il||li
P9272593

さて、東京」モノレール天空橋駅から帰りましょう( ̄▽ ̄)

p.s.
実はこの日は東京晴海ふ頭でバスのイベントもあったんですぅ。
2か所も行きたくないしバスはいつも道を走ってるからいつでも見れる!!
なのでぇ~「空の日」に来てしまいました( ̄▽ ̄)

しかし、バスの記事が少ないので10月中には、バスの記事を書こうと思う
朝比奈さんでした( ̄ー+ ̄)

p.s.2
三菱飛行機がMRJの地上訓練を10月18日位から開始するとのコトsign03
Flj14082802700x461

まだ、ロールアウト(地上の訓練)なので飛べない小鳥なのです。
でも、もう少しでYS-11の跡取り息子さんの誕生です。おめでたうhappy02

YS-11登場から、ちょうど50周年の年に早く日本の空は
日本の飛行機に飛んでもらいたいなぁhappy01

これからも飛行機の話題は盛り上がりそうです(v^ー゜)ヤッタネ!!

2014年9月25日 (木曜日)

YS-11正式飛行50周年  聖火を沖縄から日本へ 昭和39年9月9日

今年は日本の交通にとっては節目の年です。
第十八回オリンピック東京大会が開催されてから50年なのです。
C_2

この昭和39年(1964)こそ、新しい交通機関の幕開けの年です。
鐡道趣味では4回に分けて新しくできた交通を取り上げたいと思います。

第2話は聖火輸送を務めた日本の翼 YS-11旅客機です(* ̄ー ̄*)
写真にあるのは↓試作1号機ですhappy01

この飛行機も昭和39(1964)8月25日に運輸省から型式証明を認可
されています。型式証明・・・普通にお客さん乗せてもOKとう資格かなぁ。
どうにか東京オリンピックに間に合いました(^-^;でもぉ・・・。

本当は昭和37年(1962)8月30日初飛行をしたのです。でもねぇ・・・・。
出来が悪すぎてどうにもならない゚゚(´O`)°゚

とにかく飛んでから左右に曲がるとフラフラする。まっすぐ飛べない(涙)
振動も騒音も酷い。これじゃ・・・墜落する・・・。と言う事で大改造します。
試作1号機と2号機を2年も大改造しまくって普通になりましたヽ(´▽`)/

試作機が出来てないので増産もできない状態・・・・・昭和39年当時には
大改造しまくった試作機2機しかYS-11はないよぉ~・・・・il||li _| ̄|○ il||li
Img_0597a

そんな時に東京オリンピックの聖火リレーは型式証明取得した4日前に
アテネを出発してしまいました。ああっ_ノフ○ グッタリ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昭和39年(1964)オリンピック東京大会の聖火は、同年8月21日にギリシャ
オリンピアで採火されアジア地域12カ国を経て9月7日正午、聖火を乗せた
009970

「シティ・オブ・トウキョウ」号・日本航空コンベア880M型旅客機)が
那覇空港に到着しましたhappy02香港で台風の為1日遅れて・・台湾へ。
そして那覇に到着ですhappy02

聖火リレーの予定が大幅に遅れてしまいました。
Hpys14img600x3281399967413iqz1do285

まだ、沖縄はアメリカの統治下で海外です。その場所が聖火のスタート
になります。沖縄で聖火リレーは約3日の予定で沖縄本島を1周します。
そうそう琉球郵政庁の記念切手もアメリカドル表記でしょ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

琉球高等弁務官の米国陸軍ワトソン中将は全琉球において日の丸の
自由掲揚を祝賀行事として黙認しました。那覇市の奥武山陸上競技場
では初めて国旗掲揚時に「日の丸」そして「星条旗」の順で掲揚( ̄▽ ̄)
戦後19年で初めてのことでしたhappy02

でも、台風の遅れていたので急遽聖火は予定通り9日に出発Σ(゚д゚;)
聖火は沖縄で分けて全琉をまわって後で聖火を合流する計画に変更sign03
でも、良かったねぇ(* ̄ー ̄*)

Img_8

おめかしをしたYS-11(試作2号機)は日本から前日に那覇空港に到着sign03

結局は飛行機は試作機2号機を、日本航空機製造㈱からレンタルして
全日空が運航することに、大急ぎで内装と外装を治しますしが、塗装が
happy01中途半端happy01

機体のセンター部分のカラーが日本航空機製造の色なのに(* ̄ー ̄*)
尾翼は全日空sign03

まぁ、超急いで全日空的な塗装に変更したので仕方ないですねぇ~
機体横には「聖火輸送特別機」と五輪マークを大書し威風堂々ですhappy02

9月9日午前6時58分に那覇空港を離陸します。
そして日本本土へ向かいます(* ̄ー ̄*)

アメリカ施政下の琉球列島を離れて、奄美大島からは日本に入ります。
ここから護衛に航空自衛隊の戦闘機4機がYS-11を守ります。

国産の翼YS-11が、一番輝いていた時かもしれませんねぇ~( ̄ー ̄)ニヤリ

聖火特別輸送機は鹿児島空・宮崎空港そして、途中に給油に名古屋空港
に寄り、そして千歳空港と1機で日本を横断しましたhappy01
Ys11kyuutosou_2

聖火輸送を記念して
全日空のYS-11は愛称をオリンピアと呼ばれました。
機首にも オリンピアと書かれて自慢たっぷりです。

この聖火リレー後の昭和40年からYS-11の本格的な量産スタートhappy01
182機が日本と世界のあらゆる空へ羽ばたいていきます(≧∇≦) 

聖火を輸送した試作2号機さんは
事故にも合わず、昭和55年(1980)に解体されるまで大活躍しました。
でも、保存されずに残念。試作1号機は成田の航空博物館に屋外展示
されています。

鐡道趣味でのYS-11の記事になります↓
http://harumi-sta.cocolog-nifty.com/khk/2014/06/ys-11-16e3.html

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、おまけですが
1964年東京大会の聖火リレー表です。
かなり不思議なコース走ってますねぇ。
Kokunaimap2_l

第1コース 9月9日(水)~10月9日(金)
鹿児島 → 熊本 → 長崎 → 佐賀 → 福岡 → 山口 → 広島 → 島根 → 鳥取 → 兵庫 → 京都 → 福井 → 石川 → 富山 → 新潟 → 長野 → 山梨 → 神奈川 → 東京

第2コース 9月9日(水)~10月8日(木)
宮崎 → 大分 → 愛媛 → 高知 → 徳島 → 香川 → 岡山 → 兵庫 → 大阪 → 和歌山 → 奈良 → 京都 → 滋賀 → 三重 → 岐阜 → 愛知 → 静岡 → 神奈川 → 東京

第3コース 9月9日(水)~10月7日(水)
北海道 → 青森 → 秋田 → 山形 → 新潟 → 群馬 → 埼玉 → 東京

第4コース 9月9日(水)~10月7日(水)
北海道 → 青森 → 岩手 → 宮城 → 福島 → 栃木 → 茨城 → 千葉 → 東京

昭和39年という年にようやく日本の空に飛べたSY-11のお話しでした。

2014年7月26日 (土曜日)

YS-11 ANK JA8731さん エアニッポン!!

久しぶりにYS-11に逢いに来ました。やっぱり全日空色は
空に映えて綺麗でっすね。とっても好きです(* ̄ー ̄*)

今回は各務ヶ原航空宇宙博物館に展示されている機体で
です。もぉここまで来るのは・・・これで最後かななぁ・・・・。
遠いです・・・東京から・・・しかも駅からもil||li _| ̄|○ il||li

Img_0977a

さてと、展示されている機体は昭和39年4月生まれの
全日空時代はオリンピアと言う愛称がついていました。
なぜ、「オリンピア」それは東京オリンピックの聖火を
国内をYS-11が輸送したところからきていますsign03

Img_1037a

全日空から平成3年に子会社のエアーニッポンさんへ
移籍して活躍しました(* ̄ー ̄*)

機体は量産99号機目の機体で、平成7年11月末に
高松空港~大阪伊丹空港間の最終フライトしたあと
12月4日大阪空港から岐阜飛行場まで自力で飛んで
ここまで来ました。凄いでしょ( ̄ー+ ̄)
Img_1027a

本当はYS-11A-200なんだけど。途中からのエンジン
交換してYS-11A-500Rに変身した機体です( ̄▽ ̄)

エンジンを変えたことで高気温・高地運用時とかに耐え
なんと片発上昇性能(片方だけのプロペラだけで飛ぶ)
能力がが向上したsign03

Img_1011a

こうやって見ると大きいような気がしますけど
意外と小さいのですよぉ(* ̄ー ̄*)

Img_1012a

さて、機内の操縦席に、懐かしい( ̄ー ̄)ニヤリ
ひなたはANAにいた時に座ったことあるんですよねぇ
でも、結構狭いんでこれが・・・bearing

Img_1014a

さて客室内も綺麗に管理されていますねsign03
座席とかは大切に管理してもらいたいなぁ。

Img_1013a

ロールスロイス社のエンジン( ̄▽ ̄)
そして全日空色のプロペラが素敵ですねぇ。

Img_1028a

そうそう、よくプロペラ機だぁ。と言う人いますけど。
違うんですよぉ。ターボプロップエンジン搭載の。
ジェット機の一種なんです。

ガスタービンの推力でプロペラを回すのですねぇ。
なのでプロペラ機よりも羽が大きく、枚数も多い
のですねぇ(*゚▽゚)ノ

でもカッコいい。このプロペラとエンジンは(* ̄ー ̄*)
Img_1022a

横から見ると戦前の輸送機みたいです。
それも、そうですねぇ。なんといっても日本製heart
作成した人たちのリーダー達は戦中に戦闘機
作っていたのですから、少し似てしまいますね。

Img_1031a_3

あははは。こんな角度から写真機で撮りました。
ちょっと目線を上げるとこんな感じに見えるんです。
懐かしいなぁ。ここで出会えるのは(* ̄ー ̄*)

Img_0985a

天気も快晴でとっても感謝しました( ̄▽ ̄)
なんといっても、今度逢えるのいつになること
でしょうか?

それまで、大切にしてもらってくださいねぇhappy02
でも、また来る?・・・私も疑問なくらい遠いよぃcoldsweats01

2014年6月23日 (月曜日)

日本の空を飛ぶための翼 日本航空機製造YS-11試作1号機

YS-11 新しい日本の翼
最高の性能・最高の経済性・ジェットプロップの花形 
それはYS-11旅客機です。


1966年に制作された記録映画
「YS-11新しい日本の翼」の最後に、このセリフが謳われています。
この映画の主役は飛行試作1号機です。

成田空港のほど近く屋外にYS-11飛行試作1号機が展示されていますheart
試作機のカラーリングとても素敵ですねぇ。日本の空に良く似合います。

日本の空を飛ぶために生まれたのですから当然ですsign03

Img_0588a

そして、尾翼にはNAMC「日本航空機製造株式会社」ロゴが大きくshine
また、試作1号機の為に大きく「1」と書かれてます。カッコいいなぁ。

国産飛行機で初めて戦後飛んだ民間機ですからね貫禄十分happy02
Img_0592a

ロールスロイス社製ターボプロップエンジン。ダート10エンジンshine
さすがにエンジンまで日本製で作ることは出来ませんでした。down

でも形が素晴らしく美しいですね。美しい機械は性能も抜群です。
なんといっても世界のロールスロイス社製sign01
Img_0601a

機体の胴体には「YS-11 PROP-JET」と大きく書かれていますぇhappy02
もう、これでもかと言わんばかりに堂々とした書体で書かれてshine
日本の初の国産飛行機ですからねぇ。塗装も格好良くないとね

試作1号機の機内には計測機器と水槽など試験機器を満載して
量産機用のデーター収集として大活躍をしていきますhappy02

Img_0593a

飛行試作機1号機(1001)は昭和37年7月11日に初のお目見えです
三菱小牧工場でロールアウトhappy01要するに地上でお試し実験ですsign03

基礎設計から5年4か月かけて、日本で戦後初の初飛行スタートheart04
8月30日午前7時14分小牧飛行場管制官から離陸許可が下ります。
そして午前7時21分にふわりと初飛行に成功ですsign03

56分間の飛行でデーター収集で大活躍。
お蔭で物凄い厄介な問題が判明します。
この飛行機は危険だぁ・・・Σ(゚д゚;)

飛行機の性能では最も大切な部分の舵の効きが異常に悪過ぎる。
それに客室内がうるさ過ぎる。ここまで作って根本的な問題・・・down
不味い結果に・・・。down
このままだと墜落しても全然おかしくない。
と言うか墜落する・・・・down

全日空も20機買うよと言ってくれましたけど性能が最悪すぎて・・・
なのでちょっと待ってと言われる始末に・・・。これではいか~ん。

そこで、戦前から航空機設計していた先輩から主翼の付け根に
角度2度のくさび型の部品付けなさいと言われ至急取り付けます。
尾翼も修理した結果。普通に飛べる飛行機になりました。

なので飛行機を横から見ると翼が少し上に向いてますよね。
これが大切だったのですhappy02

Img_0597a

前輪の格納庫です。質素にできてるようにできています。
けどさすが日本製頑丈happy02
無駄なぐらい疲労テストしています( ̄ー+ ̄)

どのくらいかと言うと( ̄▽ ̄)大まかに・・・。
通常の旅客機は飛行6万時間相当の疲労試験を
行うことが義務付けられています。
   
ところがYS-11は22万時間も疲労試験をこなしてます。
ねぇ。やりすぎでしょsign03

飛行1号機は東亜国内航空・全日本空輸にリースされて
昭和57年まで活躍しました。
それからは地上で余生を送っています。
いいねぇ( ̄▽ ̄)お疲れ様heart04
Img_0600a


ロールスロイス社のエンジン。さすがに日本ではエンジンが作れないのdown
でも、海外に売り込みをかける時に大きな武器になりました。あの世界の
なんとロールスロイス社製のエンジンが付いた飛行機で~すshineshine

これを宣伝文句に7カ国15社に売れました(* ̄ー ̄*)
まだ、日本製品の性能がイマイチの時代ですから仕方がありません。
Img_0648a

性能は普通です。あはははは。
乗員= 2名・全長= 26.3m・全幅= 32.0m・全高= 8.98m

60人乗り前後の中型旅客機   
巡航速度480kmくらい 
滑走路1200m級の小規模空港で運用可能 heart
ローカル路線専用の飛行機ですねぇ。
※YS-11もバリエーション豊富なのでこれは平均的な数字ねぇshine

しかし日本製品。軍用機並の丈夫さです。
もっと言えば無駄に頑丈です( ̄ー+ ̄)
そのおかげで2つの記録を持っています。

定時出発率が平成9年に99.6 - 99.8%。
驚異的記録です壊れないのです・・・。

昭和44年2月から飛行したYS-11はで
平成18年9月11日までの総飛行時間は
71,220時間47分。総飛行サイクルは72,359回と
世界一の記録です。


Img_0651a

ひなたは↑この角度から見たYS-11が大好きです。
なんか丸こくって可愛いです。

むかし近くで働いていたときにも感じましたが小さいなぁ・・・
でもそこも可愛いheart

Img_0634_2

YS-11の作成の模様です。まさに手作り感満載です。
もちろん治具なども使いますが
1点ものの飛行機ですねぇ( ̄ー+ ̄)
Img_0633_2

性能はYS-11」のタイプによって大きくことなります。はい。
乗員= 2名・全長= 26.3m・全幅= 32.0m・全高= 8.98m

60人乗り前後の普通の中型旅客機   
巡航速度480km前後   
滑走路1200m級の小規模空港で運用可能OKheart

こんなところでしょうかheart04
若干ゆっくりした速度で低空で飛びますぉconfident
Img_0597a_3

わたしは鹿児島から屋久島へ行くときに利用しました。

出発するときプロペラが回り始めます。
甲高い機械音が客室内に響いてきます。

そして、滑走路の端で一旦静止してエンジンを全開shine
さらにキーンと甲高い機械音を立て疾走して行きます。
そして、少しフラフラしながら上昇します。

それに、わたしは部品の修理をしたこともあります。
コックピットウインドの修理を2年間・・・懐かしいなぁ。

暇なときにANAドッグにいるYS-11をまじまじ見ました。
そんなときにANA整備士さんが女性が見ていたのが
珍しいと私の事を感じたのかなぁ。

コックピットなんかも見せてもらいました(* ̄ー ̄*)

なのでお客さんとして
仲間として一緒に2年間を過ごしたのが懐かしいです。

Img_0649a

2013年7月28日 (日曜日)

日本航空機製造 YS‐11 鹿児島空港に集結

もう、15年前になりますが東京から屋久島へ向かう途中に福岡空港―鹿児島空港―屋久島空港とYS‐11に乗り継ぎながら向かいました。国産旅客機でターボプロップエンジンを唸らせて飛び立つ感じは忘れられません。

早く次期、国産旅客機がロールアウトすることを祈っています。Ys11a

Ys11b
いまは亡き、日本エアコミュニュター(JAC)です。それにしてもYS‐11の勢揃いです。
これだけ愛され使われた飛行機も珍しいです。
低空をゆっくり飛ぶYS‐11にはローカル線がお似合いで海や陸地がよく見えましたねぇ。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想